キム・ジェジュンの整形に関する話題まとめ

キム・ジェジュン

2004年に東方神起のメンバーとして芸能界デビュー。2010年に東方神起から脱退してからは、JYJの一員として活動しているキム・ジェジュン。韓国、日本だけでなく、中国・台湾・マレーシア・タイ・米国、カナダでも活動しています。

彼の顔立ちはとても整っているので整形しているの?という噂もあります。そこで、今回はキム・ジェジュンの整形に関する話題についてまとめました。

【関連記事】

キム・ジェジュンの幼少期の写真

キム・ジェジュン

幼少期だとは言え、今と比べて雰囲気が全然違いますね。決して不細工というわけではありませんが、ちょっとおどおどした感じにも見えます。

キム・ジェジュンは整形依存?

キム・ジェジュン

やっぱり、きれいですね~。ここまで整っているのはやはり整形の技術でしょうか。目を二重にし、涙袋も作り、鼻を高くするためにプロテーゼを入れているように見えます。

また、顎のラインもスッキリしているのでおそらく削っているのではないでしょうか?

キム・ジェジュン

JYJのメンバーとして活動を開始してからは、メイクをすることも増えたので以前より印象が変わっています。もしかしたら整形ではなくてメイクによるものかも?

本人は整形について何も発言していません。しかし、韓国の芸能界では90%が多かれ少なかれ何かしらの整形をしているということですから、キム・ジェジュンが整形をしていたとしても不思議ではありませんね。

むしろ、整形でここまで美しく変身できるのなら私は個人的には整形を否定するつもりもありません。というか、韓国の整形技術ってものすごいなと感心さえしてしまいます。

ただ、いったん整形をしてしまうとより美しくという探求心が出て来て、整形が止まらなくなる整形依存症になるとも聞くので、あまり人間離れすることなく美しさを保ってもらえれば目の保養になっていいのかなと思います。

【関連記事】