韓国語で ”すみません” はなんて言う?

スジ

韓国語で”すみません”はなんて言うか、ご存知だろうか?

”すみません”は日本語でもそうだが、”ごめんなさい”よりも丁寧な表現でお詫びの気持ちを伝えることが出来る。是非覚えておきたい言葉だ。

今回はそんな”すみません”を韓国語でどう表すのか、見ていきたいと思う。

【関連記事】

韓国語の”すみません”の基本形

スジ

韓国語で”すみません”と表現する時にまず覚えておきたいのが基本形だ。基本形を変化させることで様々な会話の中で使えるようになるからだ。

”すみません”の基本形は”죄송하다(チェソンハダ)”。”すまない”、”申し訳ない”という意味を持った言葉だ。

だが、この”죄송하다”はこのままの形で会話の中で使うことはない。普通、韓国語の動詞や形容詞は基本形のままの形で友達や年下の相手との会話では使うことが出来るが、この”죄송하다”はこの言葉自体が丁寧な表現になるため、友達や年下の相手との会話では使用されない。つまり、語尾も丁寧な形にする必要があるということだ。

友達や年下の相手との会話の中では”すみません”を表す”죄송하다”ではなく、”ごめんなさい”を表す”미안하다(ミアナダ)”を使うのが相応しいとされている。

”すみません”を会話の中で使おう

すみません

先程記したように韓国語で”すみません”と伝える場合は基本形の”죄송하다”を丁寧な形に変える必要がある。その形は2つだ。

まず1つ目は”죄송해요(チェソンヘヨ)”。韓国語の動詞や形容詞は語尾の”다(ダ)”をとって”-아/어요”をつけると丁寧な表現になる。それに従い、”죄송하다”を”죄송해요”に変えると”すみません”、”申し訳ありません”と謝罪する表現になるのだ。

2つ目は”죄송합니다(チェソンハムニダ)”。これは”죄송해요”よりもさらに丁寧な表現として使われる。語尾の”다(ダ)”をとって”-ㅂ/습니다”をつけると”-아/어요”の活用形よりもさらに丁寧な表現になるのだ。仕事など、公式的に謝罪するべき場所ではこちらを使うのが望ましい。

だがどちらも明確にこの時はこちらを使うべきだという決まりはないため、”ごめんなさい”を表す”미안하다”と共に、時や場合によりその都度判断して使い分けるのが大切だろう。最初はなかなか難しいと思うが、韓国人の友達と会話したり、韓国旅行に行った際に使ってみたりして感覚で覚えるのがいいだろう。

늦어서 죄송합니다. (ヌジョソ チェソンハムニダ / 遅れてすみません) のように”~してすみません”という形で使うのもいい。より気持ちも伝わるのではないだろうか。

いかがだっただろうか?是非この”すみません”を習得し、自分のものにしてみてほしい。会話の幅が広がるのはもちろん、韓国ドラマなどを観るのも面白くなるだろう。

【関連記事】