韓国語で「美味しいですか?」と聞かれたら「美味しかったです」と答えてみよう

TWICE

韓国語で美味しいと伝えたい!

韓国旅行に行った際の楽しみと言えば、やっぱりグルメは欠かせないですよね!本場の韓国料理を食べることを一番の目的に韓国に旅行に行く、なんて人も少なくありませんよね。やっぱり本場の韓国料理は格別!美味しいものが本当に多いんですよ!

さて、そんな食事のシーンで、本当に美味しいものを食べた時、思わず「おいしい!」と口からこぼれてしまいますよね。しかも、友人や恋人と一緒に食事をすれば、その味はもっともっと美味しく感じられるでしょう。

その喜びや感動を韓国語で伝えることができたら、お店の人や一緒に行った友達ともっと喜びを分かち合えますよね!では、韓国語で「おいしい」ってなんて言うのでしょうか?

今回はとっても簡単ですよ!そして、とってもよく使う単語です。食事はコミュニケーションが最も深まる手段の一つです。是非この「おいしい」というフレーズを覚えて、楽しい食事をもっと楽しくしてみてください。

【関連記事】

「おいしい」は韓国語で맛있다(マシッタ)

ごはん行こうよ

「おいしい」は韓国語で맛있다(マシッタ)と言います。韓国ドラマなどでもよく出てくるので、特に韓国語を勉強したことがない方でも一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?発音も難しくないので、そのまま感情を込めて「맛있다!」と言えばOKです。

敬語で「おいしいです」は맛있어요(マシッソヨ)

アイドル

敬語では어요がついて、맛있어요(マシッソヨ)になります。お店の方や、友達に感想を伝える時に是非「맛있어요〜(マシッソヨ)」と伝えてみてくださいね。

「美味しかったです」は韓国語で맛있었어요(マシッソッソヨ)

「美味しかったです」は韓国語で맛있었어요(マシッソッソヨ)と言います。

ちなみに「맛」が「味」という意味で、맛 있다(マシ イッタ)で「味がある」という意味になるんです。「味がある」が「おいしい」になるのが少し不思議ですよね。

逆に、「味がない」という意味になる맛없다(マドプタ)という言葉もあります。맛없다はすなわち「まずい、美味しくない」という意味になります。「맛없어요(マドプソヨ)」で「美味しくないです」、過去形は「맛없었어요(マドプソッソヨ)」で「美味しくなかったです」となります。

この二つを覚えておけば、おいしいかおいしくないか伝えることができますね!

「おいしそう」は맛있겠다(マシッケッタ)

ごはん行こうよ

「おいしそう」というフレーズも是非覚えてください。「おいしそう」は韓国語で맛있겠다(マシッケッタ)と言います。メニューを見ながら呟いたり、出てきた料理に対して「맛있겠다〜」と言うと、食べる前のワクワク感を共有できるでしょう。

「いただきます」は잘먹겠습니다(チャルモッケッスムニダ)

ヒチョル

韓国でも、ご飯を食べる前に「いただきます」と言います。「いただきます」は韓国語で잘먹겠습니다(チャルモッケッスムニダ)と言います。먹다(モッタ)が「食べる」という意味で、直訳すると「よく食べます」という意味になるんですよ。