交通事故やうつ病で韓国芸能人死亡のニュースが増加中!原因は何?

交通事故が絶えない韓国の交通事情とは?

日本のニュースでもよく目にする、韓国での交通事故。元々、欠陥がある車両などは除いても、年間の交通事故の数はかなり多いです。では、その原因とは何なのでしょうか?

実際に韓国を訪れた方は分かると思いますが、とにかく車の交通量がものすごい多いことで驚かされます。特にソウル中心部などでは、一般道路で片側4車線という道路などもあり、日本では考えられないほどクラクションが鳴り響いています。

日本では通勤通学に電車を利用する方の割合が圧倒的に多いのに対し、韓国では車を利用する方も多く、それが交通事故の原因のひとつとして挙げられています。また、スピード超過などもかなり深刻であり、飲酒運転なども厳しく取り締まってはいるものの、後を絶たない状況です。

そこで今回は韓国芸能人が死亡した交通事故や自殺についてピックアップ。特に芸能人の間では自殺される方が多いのですが、その理由にも迫っていきたいと思います。

【関連記事】

韓国芸能人の死亡原因で多い自殺

Jae Hwanさん(@jleewon1)がシェアした投稿

有名韓国女優や俳優が自殺した。というニュースは、韓国では年に1度は聞かれるニュースです。とても残念なことですが、なぜこのように芸能人の自殺が後を絶たないのでしょうか?

その理由のひとつは、アイドルの場合は次々と出てくるアイドルのために仕事が激減し、収入がなくなったり、未来への希望がなくなること。

俳優や女優で多いのは、根拠のない噂やデマで苦しめられたり、女性では上司や取引先からの身体的な要求について苦しんでいる方も多いようです。また、韓国は日本よりもネット社会のため、ひとつ何か噂があれば、本当に自殺に追い込むのでは?と思うほど、ネットユーザーが悪い噂ばかりを流します。そういったことに苦しんで自殺という選択を選ぶ方が多いようですね。

韓国芸能人死亡~アイドル~

Baby KARA ソジン 自殺

2015年4月24日、Baby KARAのメンバーであったソジンさんは24日、大田(テジョン)大徳(テドク)区のマンションの花壇で倒れているところを発見され、病院に搬送されたが死亡が確認されました。

KARAの新メンバーを選抜するケーブルチャンネルMBC MUSICの番組「KARA PROJECT-KARA THE BEGINNING」に出演し、“BABY KARA”のメンバーとして認知度を高めたソジンさん。当時、歌手デビューを目指して努力し、ベストを尽くしたが、ソジンさんはKARAの新メンバーに選ばれませんでした。

SHINee ジョンヒョン 自殺

2017年12月18日、ソウル市内のオフィステル(オフィス兼用ホテル)の一室でSHINeeのメンバーであるジョンヒョンが意識不明の重体で発見され、その後病院で死亡が確認されました。このニュースは日本でも取り上げられ、世界的に衝撃のニュースとして私たちの心に残りました。

ジョンヒョンはうつ病であったとされ「私は内から故障してしまった。ゆっくりと私を蝕んだ憂鬱は結局、私を飲み込み、私はそれに勝てなかった」と遺書に綴られていました。27歳という若さで「死」を選んだジョンヒョン。多くのアイドルや芸能人たちがショックを隠せず、特に親交の深かったSMエンターティメント所属アーティストたちは多くの涙を流しました。

韓国芸能人死亡~俳優~

キム・ジュヒョク 交通事故

こちらは皆さんの記憶にも新しい俳優キム・ジュヒョク。2017年10月30日に、交通事故で亡くなられました。キムさんが運転する乗用車が同日午後4時半ごろ、ソウル南部の道路で他の車と衝突した後、アパートの壁に衝突した。キムさんは救助され、市内の病院に移送されたが、午後6時半ごろ死亡が確認されました。

ドラマや映画ではもちろん、バラエティ番組「1泊2日」でもグデン兄さんの愛称で親しまれており、若い世代のファンにもかなりの衝撃を与えた交通事故となりました。

キム・ソンミン 自殺

自宅で自殺を図った俳優キム・ソンミンさんは、脳死判定を受け、永眠しました。ソウル聖母(ソンモ) 病院の医療陣は同日午後、病院でブリーフィングを行い、脳死判定を受けた過程について詳しく説明した。家族は、生前の故人の意思に従い、臓器を提供することに決定。

この選択で、なんと5人の患者が新しい人生を生きることになったと話題になりました。他の人々に新しい人生を与える形でこの世を去ったというのが、なんとも悲しいですよね。