韓国料理・グルメ・食べ物

チゲとスープは違う?牛肉からもやしまで韓国のスープ料理を探してみよう!

2018年1月12日

さっぱりと味わえる韓国料理「もやしスープ」のレシピ

比較的、辛いスープが多い韓国料理の中で、学校の給食にも出されるほど優しい味わいのスープがあります。それが「豆もやしスープ」です。

こちらはその名の通り「豆もやし」をたくさん入れたスープで、二日酔いに飲む方も多いです。家庭によっては粉唐辛子を入れる場合もありますが、基本的には塩味なのでさっぱりと味わうことが出来ますよ。

  • 豆もやし     100g
  • 昆布       5cm
  • 煮干し      10本
  • 干し椎茸     1枚
  • カナリエキス   小さじ2
  • 青唐辛子     1~2本
  • キムチ      適量
  • 長ネギの小口切り 適量
  • 白すりごま    適量
  • 塩        適量
  1. 鍋に水4カップ、昆布、頭とはらわたを取った煮干し、干し椎茸を加え一晩置く。
  2.  火にかけ、カナリエキスを加えてひと煮立ちさせ、ざるで濾す。
  3.  もやしはひげ根を取り、鍋に水2カップともやしを入れる。
  4. 塩をひとつまみ入れ、蓋をして火にかける。沸騰したら弱火にして5分煮る。
  5. ざるに上げ、スープともやしを別々にする。
  6. スープにだし汁を足す。
  7. 塩で味を調えたら、もやしや好みで青唐辛子を入れに煮たてれば完成。

韓国料理に「スープ」の種類はどのくらいあるの?

韓国にスープの種類はかなりの数あると言われています。なぜなら、ソウルでは「ユッケジャン」でも、地方に行ったら「タッケジャン」という鶏肉を使用したスープが名物だったり、その地方によって具材が変わってくるからです。

その地方によって、独特の味わいが楽しめる韓国料理の「スープ」。辛いスープがメインかと思いがちですが、大豆を使った「コンジビ」やどじょうを入れた「チュオタン」、薄いお餅の入った「トック」なども人気があります。みなさんもぜひ、韓国の美味しいスープを探してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

© 2021 K-Channel