平昌オリンピックで利用したい便利な高速鉄道をご紹介!

人気記事

아년식さん(@anhyeonsik)がシェアした投稿

意外に便利な平昌(ピョンチャン)までのアクセス

ガイドブックやメディアの影響で「何もない辺鄙な場所」というイメージがついてしまった韓国・平昌。2月9日から開催されるオリンピックもあまりに遠いというイメージから、応援に行くのは無理と考えている方も多いと思います。

しかし、昨年12月には高速鉄道も開通しており、ソウルから意外に便利にアクセスすることが出来る場所でもあるんです!またオリンピックを良い機会として再開発されたエリアや新しく出来た建物などもあり、周辺は明るい雰囲気に変わり、今後は旅行地としても注目されています。

そこで今回は平昌オリンピックでも利用したい便利な高速鉄道をご紹介していきたいと思います!今後、平昌や江陵へ旅行される際にもぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

平昌オリンピックで利用したい高速鉄道をご紹介!

@jhcho824がシェアした投稿

平昌へのアクセスは「高速鉄道」の利用が不可欠となっています。韓国には仁川国際空港と金浦国際空港がありますが、平昌がある江原道には「襄陽(ヤンヤン)国際空港」という空港があります。では、この襄陽国際空港を利用するのがいちばん便利!と思いがちですよね。

しかし、こちらは国際空港ではあるものの現在は中国と韓国を結ぶ路線しか就航しておらず、日本からのアクセスは不可となっています。平昌オリンピック・パラリンピックの期間だけは、選手やスタッフ、関係者が利用できる空港になり、日本選手団でも利用される方が多いようですが、一般市民はやはり仁川空港または金浦空港を利用するしかありません。

さて、韓国の高速鉄道は通称「KTX」と呼ばれており、日本でいう新幹線的な乗り物!日本の新幹線と同じように「KTX」でもその路線がいくつかあり、釜山を目指す路線や木浦を目指す路線などがあります。

どの路線も「ソウル駅」は必ず通る仕組みになっており、ソウル市内に宿泊する方やソウル市内から地方都市へ遊びに行きたい方にもとても便利な乗り物となっています。

平昌オリンピックでも役立つ!高速鉄道の利用方法はこちら!

은섭さん(@badsofu)がシェアした投稿

「高速鉄道」を利用するにはまず「チケット購入」が必要となります。インターネットでの購入の他に、窓口でも購入が可能です。但し、窓口での購入の際には満席の場合もあるため、事前にインターネットで購入することをおすすめします。(日本語での予約が可能です)

チケットを手にしたら、いざ駅に向かいましょう!早速、乗り場を探し改札を通りますが、ここが日本と少し違います。高速鉄道では「信用乗車方式」が採用されているため、自動改札や駅員によるチケットチェックは「一切行われません」。※オリンピック期間中は厳しい手荷物検査だけ行われるとの情報がありました。

そのままチケットを持って、チケットと番号や行先を照らし合わせ、電光掲示板に表示されている乗り場まで行き、電車が来たら乗るだけです。とても簡単ですよね!