再デビューを果たすNU’EST Wの新たなる魅力を大公開!

人気グループNU’ESTから初のユニットが誕生!

2012年にデビューした5人組男性グループNU’EST。優れたビジュアルと彼等ならではの音楽性で人気のグループです。そんなNU’ESTから今年7月、初のユニットが誕生しました。今回はNU’ESTの初ユニットNU’EST Wの魅力に迫っていきたいと思います。

【関連記事】

NU’EST W誕生のいきさつ

2012年のデビューから瞬く間に話題を呼び、人気グループとなったNU’ESTでしたが、ここ数年は低迷期と呼べるほど韓国のステージに姿を見せませんでした。主に海外での公演などを中心に行っていたようです。

そんなNU’ESTは2017年の今年、大きな決断をしました。それはアロンを除く4人のメンバーが練習生に戻り、デビューサバイバル番組「プロデュース101 シーズン2」に出演すること。「プロデュース101」は昨年シーズン1で101人の練習生の中から大人気グループI.O.Iを生み出しました。話題性は十分です。

他の練習生達と共に必死に健闘したNU’ESTのメンバー達。メンバーのひとりであるミンヒョンが見事11人のデビューメンバーの中に入り、Wanna Oneのメンバーとしてデビューすることになりました。NU’ESTのメンバー達はNU’ESTに戻り、Wanna Oneとして活動をするミンヒョンを除いた4人でNU’EST Wとして音楽活動を再開することになったのです。

NU’EST Wのメンバー

JR (キム・ジョンヒョン)

JRは1995年6月8日生まれでリーダーを担当しているメンバーです。ベクホ曰くとても理想的なリーダーだと言います。冷静に、時には人間味溢れる姿で問題を上手く解決してくれるそうです。また、プロフェッショナルな部分があり、普段と仕事の時では表情から仕草まで変わると言います。

アロン (グァン・ヨンミン)

アロンはアメリカ出身、1993年5月21日生まれの最年長メンバーです。JR曰くアロンの魅力はふたつの声を持っているところだと言います。英語が堪能なアロンは英語で話す時はかっこいい声、韓国語で話す時は可愛い声になるそうです。ファンの皆さんにとっては共感出来る魅力ポイントではないでしょうか?

ベクホ (カン・ドンホ)

ベクホは1995年7月21日生まれでメインボーカルを担当しているメンバーです。クールな外見で近寄りがたい雰囲気のあるベクホですが、レン曰く実際はとても可愛らしく子どもみたいな一面があるそうです。

レン (チェ・ミンギ)

1995年11月3日生まれの末っ子メンバーレン。漫画から飛び出してきたかのような美しいビジュアルを誇るレンですが、アロン曰く可愛さと共に男らしい面も持ち合わせているところが魅力だそうです。

NU’EST Wの今後の活動は?

「プロデュース101 シーズン2」への出演をきっかけに以前のような人気を取り戻しつつあるNU’EST。そしてこれから本格的な音楽活動をするNU’EST W。その分コンサートや番組出演など、ファンの期待は膨らんでいますし、メンバーも長い間待っていてくれたファンの想いに応えたいと語っています。

今後NU’EST Wはアルバム活動を皮切りに様々な活動を準備しているそうです。まだ具体的な活動計画はないそうですが、期待しても良さそうですよね!今後の活動を楽しみにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?新たな経験を積んで生まれ変わったNU’ESTのユニットNU’EST W。ユニット名のWは”Wait”を意味し、Wanna Oneとして活動するミンヒョンが帰って来るのを待つという意味と長い間ファンに会える日を待っていたという意味が込められているそうです。

ファンも彼らと同じようにNU’ESTを待っていたことでしょう。新たな魅力がたくさん詰まったNU’EST Wの活躍に注目していきたいと思います!

【関連記事】