2018年最新K-POP男性グループ人気順をランキングで紹介!

人気記事

exo

イケメン!セクシー!かわいい!あなたの好きなボーイズグループは?

韓国には現在数多くのアイドルグループが存在します。長く愛され続けてきた国民的グループから、最近現れた新生グループまで、様々なグループが私達を魅了し、楽しませてくれています。その中にきっとあなたが応援しているグループもあることでしょう。

今回はそんな韓国で活躍している男性アイドルグループをSNSやファンカフェに基づいた最新の人気順と共にご紹介します。あなたが応援するグループは何位に入っているでしょうか?

※解散、活動休止をしたグループは含まれていません。

第30位 : UP10TION

UP10TION

2015年9月にデビューした10人組ボーイズグループUP10TION。メンバーは写真上段左からウェイ、ギュジン、クン、ビト、コギョル、下段左からソンヨル、シャオ、ジンフ、ウシン、ファンヒです。TEENTOPの後輩グループとして知られています。

グループ名の”UP10TION”にはファンのテンションをUPさせる10人のメンバーに注目してほしいという想いが込められている他、”Unbelievable Perfect 10 Teenager Idol Open Now(信じられないほど完璧な10代のアイドルが今デビューした)”の略でもあるそうです。

昨年末に発売した楽曲「White Night」が音楽番組で初の1位候補に選ばれるなど着実に人気や知名度を上げているUP10TION。これからの活躍が期待されます。

第29位 : BOYFRIEND

boyfriend

2011年5月にデビューした6人組ボーイズグループBOYFRIEND。メンバーは写真左からジョンミン、クァンミン、ドンヒョン、ミヌ、ヨンミン、ヒョンソンです。韓国のみならず、日本でも活躍しているグループで大人気アニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマ曲を担当したこともあります。

デビューから3年が経った2014年には音楽番組で初の1位を獲得。翌年にも1位を獲得し、人気グループに成長したものの、ここ2年は目立った活動を行っていない状態です。活動が楽しみですね。

第28位 : 神話

神話

1998年にデビューした韓国の最長寿アイドルグループ神話。メンバーは写真左からエリック、アンディ、ミヌ、ヘソン、ドンワン、チョンジンの6人です。デビューから今年で19年、デビュー当時のメンバー6人で活動を続けてきたまさに伝説のアイドルグループです。

メンバーの兵役任務に伴い活動を休止したこともありましたが、メンバー全員が復帰後、メンバー自らが出資し代表を務める神話カンパニーを設立し、グループ活動を再開しました。6人で活動を続けたいという思いから新たな歴史を開拓し続けている神話。これからも6人で新たな道を創っていってほしいですね。

第27位 : NU’EST

NU'EST

2012年3月にデビューした5人組ボーイズグループNU’EST。メンバーは写真左からミンヒョン、レン、JR、ベクホ、Aronです。グループ名のNU’ESTはNU、Establish、Style、Tempoを合わせたもので”新しいスタイルを音楽に合わせて創造する”という意味が込められています。

個性溢れるビジュアルやスタイル、音楽性でファンを魅了してきたNU’ESTですが、先月活動を中断することを明らかにしました。というのもメンバーの一部が練習生に戻り、ガールズグループI.O.Iを生み出したオーディション番組Produce101の男性版、Produce101 シーズン2に出演することを発表したのです。メンバーのこれからの活躍に期待したいですね。

第26位 : ASTRO

ASTRO

2016年2月にデビューした6人組ボーイズグループASTRO。メンバーは写真左からサンハ、MJ、ムンビン、ウヌ、ジンジン、ラッキーです。デビュー1周年を迎えたばかりの新星で、デビュー前からウェブドラマで顔を知らせていたこともあり、デビューして間もなく注目を集めました。

ですが、まだまだこれから活躍が期待されているグループで、2017年はますます人気を集めるのではと推測されています。楽しみですね。

第25位 : MBLAQ

MBLAQ

2009年10月にデビューした3人組ボーイズグループMBLAQ。メンバーは写真左からミル、スンホ、G.Oです。元々は5人組でしたが2014年にメンバーの2人が脱退、3人組となりました。

グループ名のMBLAQはMusic Boys Live in Absolute Qualityの略で”絶対的なクオリティーの歌を歌う少年達”という意味が込められています。メンバーそれぞれが個人活動も活発に行っているMBLAQ。今後の活動にも期待が集まっています。



CALOBYE+