サムギョプサルの美味しい食べ方とポイントを大公開!

日本でも人気の韓国料理サムギョプサル

日本でも人気が高い韓国料理のひとつ「サムギョプサル」。コラーゲンたっぷりの豚の三枚肉をカリカリとジューシーに焼いて、野菜で包んで食べると、いくらでも食べられてしまいますよね!ごはんにも合い、お酒にもピッタリのサムギョプサルは、韓国では家庭料理として定番でもあります。

日本の家庭でも簡単に食べられるサムギョプサルですが、キムチやナムルだけではちょっと味気ないと感じた方も多いはず。いつも同じ味になってしまうと飽きてしまいますよね!

そこで今回はサムギョプサルの美味しい食べ方や、実際に筆者が韓国で食べて美味しかった食べ方などをご紹介していきたいと思います。

【関連記事】

サムギョプサルの食べ方~サンチュは忘れずに~

基本的にサムギョプサルは、サンチュに包んで食べるのがとても美味しい食べ方です。サンチュというのは日本の焼肉屋さんにもありますが、レタスのこと。レタスといっても、グリーンレタスからフリルレタスなど様々な種類があり「サンチュ」として売られているものでも、その種類はバラバラです。

私たちが普段食べているサラダのレタスとは違い、結構柔らかいのが特徴でお肉などを巻きやすく、価格も安いのが嬉しいですよね。ちなみに、サムギョプサルは「何を巻く」をは決まっていないので、キムチでもナムルでも好きなものを巻くのが美味しさの秘訣でもあります。

サムギョプサルの美味しい食べ方~サムジャンは必須!~

日本の焼肉屋さんでサンチュを注文した場合、何か味噌らしきものが付いてきますよね。お店によって味も種類も違いますが、それこそが「サムジャン」です。

サムジャンは朝鮮の合わせ味噌の一つ。 味噌、ごま油、砂糖・はちみつ・水あめなどの甘味料、にんにく、ごまなどから作る、甘辛い味噌。 コチュジャンを用いることもあるが、コチュジャンほど辛くないのが特徴です。野菜などに付けても美味しく食べることが出来て、辛さはないのでお子様にも人気があります。

韓国では「サムジャンがなければサムギョプサルは食べない」という家庭も多く、自宅で大量に作っている方も多いです。ちなみに筆者もここ数年は、自宅でサムジャンを作っていますが、とても簡単に作れるため、市販のものがなかなか手に入らないという方は自分で作ると、好みの味になって美味しいですよ!

サムギョプサルの食べ方~ごま油がマッチ!~

@yujachagramがシェアした投稿

サムギョプサルは焼いているうちに豚肉からジューシーな脂が出てきます。その脂をしっかりと落とし、カリカリになったのが美味しいんですよね!それなのに、そこにゴマ油を付けるの?という方も多いと思いますが、これは韓国での定番の食べ方です。

ゴマ油の中に塩を入れ、そこのサムギョプサルをちょっと付けて食べるととても美味しく、肉本来の味を楽しむことが出来ます。どちらかと言えば、お酒を飲みながら食べたいという方におすすめで、ゴマ油を付ける場合にはサンチュに包まないことも多いです。