お土産にも最適!韓国の調味料の種類をすべて調べてみました!

韓国調味料

種類が多い韓国の調味料

コチュジャンや粉唐辛子など、私たちの身近に多くある韓国の調味料。日本でも大型スーパーなどでは韓国食材コーナーがあり、韓国の調味料を手軽に購入することが可能です。

そこで今回は韓国で人気の調味料や種類、お土産にもぴったりのあの人気の調味料についてお伝えしていきましょう!

【関連記事】

韓国のお土産に喜ばれる調味料“ダシダ”

ダシダ韓国料理に欠かせない調味料である「ダシダ」。日本の和食ではほんだしなどの「魚のだし」が主流ですが、韓国のだしは「牛肉だし」が多いです。

ダシダはほんの少し料理に加えるだけで深いコクを出してくれるため、スープや炒め物、鍋やナムル作りにも欠かせない調味料です。「牛肉だし」として販売しているメーカーがたくさんありますが、中でも人気がこちらの「ダシダ」となります。

日本でもスーパーやドン・キホーテなどのディスカウントストアで購入することが可能ですが、韓国では牛肉ダシダの他にあさりダシダやいりこダシダなどが揃っています。

ダシダ最近ではこのようなスティックタイプの小分けになったダシダが人気です。お土産で配るのにも最適で、韓国から持ち帰る際にも比較的軽いため邪魔になりませんね。

また夏場や湿気の多い時期には大きな袋タイプを購入すると、すぐに湿気てしまうため、一回で使い切れるスティックタイプをおすすめします。

韓国にはどのくらいの種類の調味料がある?

コチュジャン日本でもみりんや料理酒など多くの調味料がありますが、韓国ではその種類はさらに多いと思われます。全て網羅するのは大変なため、ここでは一般家庭でよく使われている基本的な韓国の調味料をピックアップしてみました。

  • 【コチュジャン】唐辛子味噌。へチャンドルというメーカーのコチュジャンが一番人気です。
  • 【テンジャン】韓国の味噌。日本の味噌のような物であり、味噌チゲなどを作る際に使われます。
  • 【ミョルチェクチョ】いわしエキス
  • 【カナリエクチョ】イカナゴエキス
  • 【サムジャン】合わせ味噌。サムギョプサルでお肉に付けたり、野菜に付けても美味しいです。
  • 【水あめ】日本の水あめよりゆるい液体で、甘さも控えめ。かなり多くの料理に使用します。

この他にも粉唐辛子や粗びき唐辛子、ごま油や醤油などもたくさんの種類があります。