韓国語

韓国語で「優しい」は5種類!使い分け方法を例文を交えて詳しく解説

2022年3月29日

「からだに優しい」は韓国語で何て言う?

「からだに優しい」の「優しい」には「好き・いい」という意味の「좋다(チョッタ)」を使います。

韓国語チョアヘヨ チョアヨ違い
韓国語で「好きです」はチョアヨ?チョアヘヨ?

続きを見る

~例文~

① 이 과일은 몸에 좋대
読み方:イ グァイルン モメ チョッテ
訳:この フルーツは 体に 優しい らしい

② 몸에 좋은 음식을 먹어야지
読み方:モメ チョウン ウmシグル モゴヤジ
訳:からだに 優しい 食べ物を 食べないと

「優しい味」は韓国語で何て言う?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by きゃすてぃん (@castin0605)

「優しい味」の「優しい」には「まろやか・穏やか」という意味の「순하다(スナダ)」を使います。

~例文~

① 소주는 순한 맛이면 먹을 수 있어요
読み方:ソジュヌン スナン マシミョン モグル ス イッソヨ
訳:焼酎は やさしい 味だったら 飲めます

② 맛이 순해서 먹기 편했다
読み方:マシ スネソ モッキ ピョネッタ
訳:味がまろやかなので食べやすかった

5つの「優しい」を正確に覚えて使ってみよう

人の性格や雰囲気をあらわす韓国語は

  • 착하다(チャッカダ):「善良だ・素直だ」という意味。年上には使わない。
  • 자상하다(ジャサンハダ):行動に対して「思いやりがある」という意味。男性に使うことが多い。
  • 상냥하다(サンニャンハダ):雰囲気が「気さくで優しい」という意味。女性に使うことが多い。
  • 다정하다(ダジョンハダ):「情が深い」様子や人を表す。
  • 친절하다(チンジョラダ):「親切で優しい」という意味。

の5つでした。

意味は同じ「優しい」という韓国語ですが、それぞれ微妙にニュアンスやイメージが異なってきますので、使う際には気を付けましょう。

実際に韓国の友人・知人に使う際の参考にしていただき、目的や相手によって上手に使い分けてみてくださいね!

© 2022 K-Channel