韓国の特産品「高麗人参」の食べ方は蜂蜜漬けが人気って本当?

人気記事

高麗人参の食べ方は、やっぱり定番のサムゲタン!

Akina(@nattyyy2228)님의 공유 게시물님,

韓国料理の定番といえば、サムゲタンではないでしょうか。美肌促進にはもちろん、冷え性の改善や風邪のひき始めなどにも効果のある健康食としても代表的な料理です。サムゲタンには、高麗人参の他に、強壮剤の役目があるにんにく、また胃を保護して、貧血を予防する働きがあるナグメ、クリが入っています。

そして鶏肉が入ることにより、コラーゲンやたんぱく質、必須アミノ酸等を摂取することができます。日本では夏バテ予防のために、うなぎを食べますが、韓国ではサムゲタンを食べるというほどです。

乾燥高麗人参の食べ方とレシピ

韓国では高麗人参を煎じて、お茶として飲むのが一般的です。体質改善のために毎日飲むと健康に良いとされているため、続けて摂取できるお茶がオススメです。

作り方はとても簡単で、水700mlが入った鍋に、乾燥させた高麗人参を約15g入れます。火をつけて沸騰したら、弱火で40~50分程じっくり煮ます。お湯の量が半分くらいになったのを確認できたら、茶こしなどでこしたら出来上がりです。飲み方としては、空腹時に1日3杯程度飲むと良いとされています。

高麗人参の注意点

高麗人参は栄養価が高い食材ですが、高血圧の人は、高麗人参の種類について注意が必要です。高麗人参には「紅参(こうじん)」、「白参(はくじん)」、「水参(すいじん)」と三種類あります。

「水参」は生の高麗人参で、「紅参」は乾燥させたものです。この2つは皮をむいていないため、問題はありません。気をつけたいのが、皮をむいて乾燥させた「白参」です。

高麗人参の皮にはサポニンが豊富に含まれているのですが、皮をむいてしまうことによりサポニンが少なくなってしまい、血圧を下げる作用が低くなり、逆に血圧を上げてしまうことがあるので注意しなければならないのです。韓国の病院では高血圧の患者さんへ飲まないようにと指導しているほどです。

万能薬といわれる高麗人参ですが、メリットとデメリットに気をつけながら、無理をせずに食事に取り入れて健康になりたいものです。

【関連記事】



CALOBYE+