韓国映画名作ランキング!歴代興行収入1位の映画は?

日本人にも人気の韓国映画

韓国ドラマと同様に、日本でも高い人気を誇っている韓国映画。韓流ブームの終焉と共に、日本の映画館で上映される機会も少なくなってきた韓国映画ですが、レンタルで楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は韓国映画の歴代興行収入作品や、おすすめの恋愛映画などをたっぷりとご紹介していきましょう!皆さんも観たことのある映画や「題名だけは知っている!」という映画もランクインしていると思いますよ。

【関連記事】

韓国で歴代興行収入第1位の映画とは?

K.Misakiさん(@mskke)がシェアした投稿

こちらが韓国映画で歴代興行収入第一位を記録した映画「バトルオーシャン 海上決戦」です。

2014年に公開され、観客動員数はなんと1700万人を突破!興行収入は1231億ウォン(約123億)と言われています。ちなみに日本での興行収入1位は2001年公開の「もののけ姫」でこちらは308億円の興行収入を樹立しています。

【あらすじ】

豊臣秀吉の号令により日本が朝鮮に出兵した慶長の役で起こった海洋戦で、わずか12隻の朝鮮水軍が330隻もの日本水軍に立ち向かった「鳴梁海戦」を描いた戦争アクション映画。

1597年、国内の天下統一を果たした秀吉の日本軍が朝鮮へと侵攻。危機に陥った朝鮮軍はイ・スンシン将軍に戦況の挽回を命じる。しかし彼に残されていたのは、たった12隻の船と戦意を失った兵士たちだけだった。圧倒的に不利な状況の中、ある戦略をもって強大な敵に立ち向かうが・・・

主演はチェ・ミンスクとリュ・スンヨンなのですが、脇役勢も豪華!今、大人気の若手俳優パク・ボゴムやクォン・ユル、チョ・ジヌンらが出演しています。

実はこちらの作品は一種の「反日映画」のため、日本の映画館での上映はなかったのですが現在はレンタルもされていますので、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

あの名作も!韓国の映画歴代観客動員数ランキング!

ここからは韓国の歴代観客動員数ランキングと、簡単なあらすじをご紹介していきましょう!

第1位 バトルオーシャン 海上決戦

前述の映画ですね。

第2位 国際市場で逢いましょう

実在する釜山の国際市場を舞台に、激動の時代を家族のために生きたひとりの男の生涯を描いた映画です。主演は「ユア・マイ・サンシャイン」「新しき世界」のファン・ジョンミン。米人気ドラマ「LOST」で知られるキム・ユンジンがドクスの妻ヨンジャを演じるほか、東方神起ユンホの出演も話題となりました。

第3位 ベテラン

韓国最大のタブーとされている「財閥の横暴」に切り込んだアクションドラマ。ベテラン刑事ドチョル役に「国際市場で逢いましょう」のファン・ジョンミン。「カンチョリ オカンがくれた明日」の若手俳優ユ・アインが、財閥3世のテオ役で初の悪役を演じました。

第4位 グエムル 漢江の怪物

韓国で爆発的なヒットを記録した、ポン・ジュノ監督(「殺人の追憶」)によるパニック・エンタテインメント大作。主演は「JSA」「殺人の追憶」など韓国を代表する名優となったソン・ガンホ。

第5位 10人の泥棒たち

生き方も目的も異なる窃盗団の10人がチームを組み、それぞれの技を駆使して「太陽の涙」奪取を目指す。撮影にはマカオの巨大カジノリゾートも利用され「チェイサー」のキム・ユンソク、「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン、「エグザイル 絆」のサイモン・ヤムほか、アジアの豪華スターが集結しました。

第6位 7番房の奇跡

無実の罪で投獄された知的年齢6歳の父親と幼い娘に起きる奇跡のような物語を描き、韓国で大ヒットを記録したドラマ。「王になった男」のリュ・スンリョンが、娘を愛する父親役を熱演し、涙を誘いました。

第7位 暗殺

日本統治下時代の韓国を舞台に、「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンが最強のスナイパー役に扮したサスペンス。アン・オギュン役をチョン・ジヒョンが演じ、警務隊長役を「新しき世界」のイ・ジョンジェ、殺し屋ハワイ・ピストル役を「テロ,ライブ」のハ・ジョンウがそれぞれ演じています。監督は「10人の泥棒たち」のチェ・ドンフン。

第8位 王になった男

イ・ビョンホンが初の時代劇で1人2役に挑み、韓国で1000万人を超える観客を動員した大ヒット作。実在した李氏朝鮮の第15代国王・光海の史実とフィクションを交え、理性を失った暴君の影武者になった道化師が、真の王として目覚めていく姿を描く。

第9位 王の男

数々の賞を総なめにした舞台劇を原作に、2人の大道芸人と韓国史上最悪の暴君と呼ばれたヨンサングンの運命を描く歴史ドラマ。2005年、韓国において歴史を塗り替える大ヒットを記録、大鐘賞では作品賞を含む10部門で受賞しています。

第10位 ブラザーフッド

「シュリ」のカン・ジェギュ監督が4年ぶりにメガホンを取った野心作。公開59日目にして「シルミド」を破り1200万人の動員新記録を樹立した大ヒット映画。1950年に勃発した朝鮮戦争。強制的に徴兵されたと弟ジンソク(ウォンビン)を守るため兄ジンテ(チャン・ドンゴン)もまた兵役を志願する。