韓国文化

2017年の韓国「秋夕」期間はいつ?お店は休みになるって本当?

韓国でしか体験できない秋夕イベントに参加しよう!

韓国では秋夕のイベントが多く開かれており、観光客が参加できるイベントも増えています。特に景福宮や明洞、東大門などの主要観光スポットでは秋夕イベントが行われています。

仁寺洞などでは特に韓服を着ている人が増え、写真を撮りに訪れる若者も多いようです。昔は長期休暇には地方にある実家や本家を訪れ、家族で過ごすのが定番でしたが、最近では渋滞を避けるため帰省しない方も多く、家族連れの場合は海外旅行に出かける方が増えてきました。時代の移り変わりと共に仕方のないことですが、少し寂しい気もしますよね。

観光スポットだけでなく、スーパーや飲食店でも秋夕連休にかけてのセールや特別なサービスが振る舞われることが多いです。ただ、韓国語が分からないとちょっと難しいのが正直なところなので、どうしても参加したいという方はホテルのフロントに問い合わせてみたり、調べてみるのがおすすめです。

秋夕の料理は韓国旅行でも味わえる?!

秋夕期間中に韓国を訪れる方は、仁寺洞や三清洞など、韓国の歴史を感じられるような街を訪れてみると良いと思います。

その理由は、その辺りのエリアではカフェや飲食店などで秋夕の特別料理や伝統菓子が出されることが多く、お茶を飲んで特別に秋夕のお菓子をサービスしてくれるお店も少なくありません。

スーパーに行けば、秋夕の贈り物がずらっーと並んでいるのを見ることが出来ますし、この期間でしか見ることの出来ない料理を目にすることが出来ますよ!

日本とは少し違う文化のある韓国のお盆。韓国ドラマを観ていても分かるように、韓国の方は第一に家族が一番!の文化のため、秋夕の過ごし方を見ても、本当に家族団らんしていて温かい気持ちになれると思います。

期間中に韓国を訪れる方はお店の休日に注意しながら、秋夕にしか体験することの出来ないことをたくさん楽しんでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

© 2022 K-Channel