日本のテレビ放送で使用される、平昌オリンピックのテーマ曲を大発表!

人気記事

日本でも中継される平昌オリンピック

2月9日から開催される平昌オリンピック、そしてその後3月に行われる平昌パラリンピック。日本のお隣の「韓国」で開催されるということで、日本でも大きな話題となっていますね!

特にメダル獲得が期待される種目も多数あり、日本でも知名度の高い選手が多く出場することからテレビ中継を楽しみにしている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は日本のテレビ中継で使用される平昌オリンピックのテーマソングをご紹介!数々の名曲が生まれたオリンピックのテーマソングなので、今回も大いに期待できそうですよ!

【関連記事】

平昌オリンピックとパラリンピックのテーマ曲は同じ?

平昌オリンピックと平昌パラリンピックで使用される日本のテーマソングは、どちらも同じ!これはどの国も同じかどうかはわかりませんが、韓国なども同じ曲を使用するようです。

但し、これはあくまでも「そのテレビ局ごとの応援ソング」という意味があり、オリンピックの開会式や閉会式で歌われることはありません。また、他の局でそのテーマソングが使用されることもなく(歌番組などで披露されることはあります)、オリンピック開催中は放送されるテレビ局だけで流れるようになっています。

平昌オリンピック・NHKは「セカオワ」!

yozoraさん(@yozora6736)がシェアした投稿

※画像は発売される曲のジャケット写真

さて、平昌オリンピックの中継といえば、やはり日本の国営放送であるNHKですよね!今回のオリンピックでも開会式を生中継することが決定しており、日本国内5カ所に設置される大型ビジョンではパブリックビューイングも決定しています。

そんなNHKで使用される平昌オリンピックのテーマソングは「セカオワ」の愛称で知られている「SEKAI NO OWARI」の「サザンカ」という曲です。カタカナの表記となっていますが、おそらくツバキ類の花「山茶花」の意味なのかと思われます!

こちらはオリンピック開会前である2月7日に発売が決定しており、その価格はなんと500円!ワンコインでCDが買えるなんて嬉しいですね。カップリング曲などは含まれていないとのことですが、子供でも手にしやすい価格は話題を呼びそうです。

平昌オリンピック・フジテレビは「GReeeeN」!

一方、フィギュアスケート団体戦やフリースタイルスキーの中継が決定しているフジテレビ。フィギュアスケート選手として大活躍した高橋大輔選手などがサポーターとなり、熱い放送を繰り広げてくれそうです!

こちらフジテレビで使用される平昌オリンピックのテーマソングは「GReeeeN」が担当!曲名は「ハローカゲロウ」で、このオリンピックのために書き下ろした一曲となっています。

GReeeNといえば、メンバー全員が「歯科医師」免許を取得している秀才グループとして知られており、現在実際に歯科医師として勤務しているメンバーもいるんだとか。そのため本名や顔などは一切、明かされていないのが特徴です。

しかし、過去には「キセキ」や「愛唄」などの大ヒット曲も発売しており、メッセージ性が高い楽曲で人気を集めています。今回はどのような楽曲が仕上がるのか楽しみですね!

平昌オリンピック・日本テレビは「嵐」!

お次は人気アイドルグループ・嵐の桜井翔くんがスペシャルキャスターを務める日本テレビ!今回で6回目となるオリンピックキャスターを務めるそうで、もう他のキャスターも顔負けですね。

韓国でも人気のある嵐は、日本でももちろん大人気!オリンピックは見たいけど、ちょっとお堅いニュースは嫌かも・・という方は、日本テレビを視聴するのも楽しいかもしれませんね。

日本テレビで使用される平昌オリンピックのテーマソングは嵐の「白が舞う」。こちらもオリンピックをテーマとした楽曲となっているようなので、実際にお披露目されるのが楽しみですね!



CALOBYE+