飛行機より格安で行ける?フェリーを使用して博多から釜山に行こう!

A post shared by 서보택 (@seobotaek) on

博多から釜山へ 激安フェリーで海外旅行

海外旅行と言うと「高い」「飛行機」「移動中は窮屈」というのが定番です。ところが博多港から出ている「フェリー」をつかっての旅行はこれらの「嫌なこと」をすべてクリアしていることで「時間がないけど海外に行きたい」という人には人気の旅行手段です。

「移動中も満喫したい!」という人には移動中も十分満喫できるフェリーを使った旅行をご紹介します。

【関連記事】

博多―釜山を結ぶフェリーの名前は「カメリアライン」

A post shared by JINICO (@gniowdoaoma) on Aug 31, 2017 at 2:18am PDT

このフェリーはカメリアライン株式会社が運営するフェリーで「カメリアライン」といいます。釜山ー博多間をだいたい4時間半で運行し運賃は大人9000円から。子供は1800円からになりますので家族旅行の場合かなりお財布に優しい旅行手段と言えます。

このカメリアラインは一日一往復。行きは博多港から昼ごろに出発し夕方の釜山に到着。帰りは釜山港を夜に出発し早朝の博多に到着します。博多の人の中には、そのまま港からお土産を抱えて仕事場へ直行。という人も少なくありません。

博多発釜山の旅を飛行機よりも快適に

A post shared by yuki 유키 (@yukionna13) on Feb 23, 2017 at 10:48pm PST

船というと船酔いが心配な人も多いでしょう。カメリアラインは宿泊可能な船になりますので「横になって寝たまま」釜山まで移動することも可能です。船酔いが激しい人も最初から眠ってしまえば、極力船酔いを避けることもできます。現地についてすぐに行動するために前日の疲れを船の中でとってしまうこともできるのです。

「忙しい時間に少しでも快適に旅行をしたい」という人にはフェリーはねらい目と言えるでしょう。家族連れの人が旅行の時に気を使うのはお子さんのお行儀。ではないでしょうか。小さな子が旅行ではしゃぐのは仕方がないですが、周囲が狭い中で眠っている人などがいると気を使うのは本当に大変です。

カメリアラインであれば、はしゃぐお子さんを連れて船内散策。お風呂、レストランだけではなく大声を出したいという子がいるなら「カラオケ」ルームも完備。お子さんを連れてカラオケルームでうたっているうちに釜山到着という方法もあります。周囲を気にせずにお子さんをのびのびとさせてあげることができる旅行もフェリーの醍醐味です。

最近人気の女子会旅行でも、一部屋個室を取って食べ物やお酒を持ち込んで楽しく会話や騒いでいるうちに釜山に到着というグループも多いようです。現地だけではなく現地への道のりも楽しむことができるのもカメリアラインの魅力です。

博多から釜山の場合、船と飛行機どっちがお得?

A post shared by yuki 유키 (@yukionna13) on Feb 23, 2017 at 8:22pm PST

「とはいっても時間がかかるから」と悩む方もいるようです。ここで飛行機とフェリー旅をいろいろな面で比較してみましょう。

フェリー 1日1往復
飛行機  直行便(大韓航空)6本程度
他いろいろな航空会社があり

  • 時間 片道
    フェリー 4時間半
    飛行機  45分
  • 運賃 (最安値)
    フェリー 夏休みなどの特別機関
    限定チケット座席数限定で最安片道2,500円~
    飛行機  LCCの場合9,000円~

例えば所要時間。飛行機の45分はかなり魅力的ですが、ここで盲点があります。飛行機のチェックイン時間はかなり早く最低でも2時間前にチェックインをする必要があるということです。

福岡空港は日本国内でも市内に近く博多駅からは地下鉄で10分程度で到着しますが、それでも2時間前に空港に到着しておくことは必須です。チェックイン後、搭乗口での待ち時間等あるのでそれらを加味して考えると本当の所要時間は45分ではないことがわかるでしょう。

フェリーの場合には1時間前にチェックインが終われば30分程度で乗船手続きに移行します。中には「あまりにも時間が早く済みすぎて港の免税店で買い物ができなかった」という人もいます。

運賃についてですが、飛行機と違いカメリアラインの場合は帰国日の宿泊料も含まれています。希望によっては個室やベッドのある特別室、和室なども予約可能です。小さなお子さんがいる方には眠ってしまった子供を抱いて腕がしびれた。などという心配もないところがいいところです。

博多港から釜山までこんなものも運べます。

カメリアラインの場合、手荷物の制限は20キロです。また少し変わったところで乗用車を運ぶことも可能です。最近人気の運べる大きな荷物は「自転車」です。自転車運賃は1000円。

しかも飛行機の場合には自転車は折りたたむ、あるいは解体する必要がありますがカメリアラインの場合にはそのままで乗船OKなのもうれしいところです。海外でお気軽にポダリングやサイクリングを楽しむという人も多いようです。

時間に余裕のある人なら断然お得なカメリアライン

簡単にご案内したカメリアラインでの船旅。季節によってはかなりお得なチケットも登場します。また多くの旅行会社では「現地宿泊なし1泊2日」やホテル代込「9,800円」などのツアーが出るのもカメリアラインの魅力です。皆さんも一度体験してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】