感謝の気持ちを韓国語で「どういたしまして」と伝えよう!「いいえ」との違いは?

人気記事

韓国語では「どういたしまして」より「いいえ」の方を良く使う?

「どういたしまして」という言葉は、人から感謝の意を示されたときに、相手に「大丈夫です。気を使う必要はないですよ」という、こちらの意思を伝えるための言葉です。お礼に対する返答として、韓国でも日本と同じように、「ありがとう」と言われた場合、一般的には「どういたしまして」という言葉を返します。

ただ、実際に会話をする場合は、あまり使用頻度が高い言葉ではありません。これは、日本でも似たようなことが言えるのですが、「ありがとう」と言われたとき、普段の会話で「いいえ(いえいえ)」、「大丈夫ですよ」や、ビジネスシーンであれば「恐縮です」「お気になさらないで下さい」と表現していますよね。

儒教の精神が根強い韓国も、やはり日本と同じように相手を敬う心から、そのような表現をよく使うようになったのではないでしょうか。

今回は、「どういたしまして」の言い方や、それに代わる「いいえ」の様に、よく使われる表現も紹介していきます。

【関連記事】

韓国語の「どういたしまして」の読み方をチェック


韓国で「どういたしまして」は、「천만에요」と書き「チョンマネヨ」と読みます。会話では、ほとんど使われることは少ない表現ですが、韓国語を勉強するときには基本の表現として出てくるので覚えておいても損はないでしょう。

また、「とんでもないです」に近い表現の「별 말씀을요(ピョル マルスムリョ)」というのもあります。これは、会話でよく使われる表現になっているのですが、その後に会話が続くときに使う言葉なので、ちょっと荷物を持ってあげたお礼に返す言葉としては、不自然なようです。

「천만에요(チョンマネヨ)」も同様の使い方をするようなので、席を譲ってあげたときなど、その場からすぐに立ち去るときに軽く返す返事としては「아닙니다(アニムニダ)/いいえ」、または、ちょっと丁寧かつライトな感じで「아니에요(アニエヨ)/いえいえ」という表現を使うことをオススメいたします。

韓国語の「どういたしまして」の発音をチェックしてみよう

韓国で「どういたしまして」は、「천만에요」と書きます。文字通りによむと「チョンマンエヨ」となるのですが、韓国語の特性として、パッチムの後ろに「ㅇ(無音)」がくるとき、パッチムの音を次の母音と繋げるため「チョンマネヨ」と発音します。

韓国語「どういたしまして」の意味とは?

「チョンマネヨ」の「チョンマン」は、直訳すると「千萬」になります。

以前は、천만의 말씀(チョンマネ マルスム)「千萬のお言葉」という表現がよく使われていたようですが、最近では「천만에요(チョンマネヨ)」のように、簡単に表現するようになったようです。この「천만에요(チョンマネヨ)」は、「そんなに大袈裟なことではない」という意味になり、日本語で言うところの「どういたしまして」「とんでもないです」に近い表現となります。