ソウルのバスはどこでも停まる?アプリで路線図をダウンロードして乗ってみよう!

ソウルバス

ソウル市内はバス移動が便利

みなさんこんにちは!今回紹介したいのは、ソウル市内のバスについて!みなさんが韓国に旅行した時、どのバスに乗ったらいいのか、乗り方はどうしたらいいのか、分からないで困ったことはありませんか?

ここでは、韓国のバスの乗り方、バスの種類、そして韓国のバスに乗る際にとっても便利な韓国のアプリについて紹介したいと思います!

【関連記事】

ソウルのバスは空港からも!ターミナルと乗り方を紹介

ソウルのバスさて、ここからは韓国のバスの乗り方とターミナルについて紹介します。

まず、韓国のバスは何種類かあるのですが、全てバスの色で見分けがつくので写真を使って説明していきます!

ソウル市内バスほとんどが、この4色に分けられます。まず、上の赤いバスは広域バスといって、車体番号が9からはじまる4桁です。車体番号はバスに向かって左上に書いてあるのでよく見てみてくださいね。広域バスはその名の通り、ソウルの中心と副都心を結ぶ広い地域を走っているバスです。

右上の緑色のバスは支線バスといって、4桁の車体番号が書いてあります。これは、住宅地から地下鉄を結ぶバスです。このバスには座席が少なく、立ち乗り専用のバスとなっています。

左下の青色のバスは車体番号3桁、幹線バスと言われるバスでソウル市内の主要都市を結ぶバスとなっています。支線バスと同様、座席の少ない立ち乗りバスとなっています。

右下の黄色いバスは車体番号2桁の循環バスと言われるものです。これは、都心や副都心の地域内を循環する町バスです。

さらに、空港と都心部を行き来するリムジンバスは車体番号6から始まる4桁の車体番号を持つバスです。色の指定はないので、車体番号が重要になります。メモしておくことが大事ですよ!

支払い方法は、現金の他に日本でいうスイカやパスモのような電子マネーが駅の自販機、またはコンビニで販売されています。T-Moneyという名前で売っているので、これを乗る際にかざすだけでOK!現金で支払うのがめんどくさい、という方にはオススメです!

ターミナルはバスのアイコンが掲げられているので、比較的見つけやすいと思います!

バス停

こちらは幹線バスと支線バスのマークですね。真ん中のIDという部分はバス停の名前のような役割を持っています。その下にあるのが、来るバスの車体番号とルート表となっています。