サムゲタンを作ろう!本格的に丸鶏を使ったレシピや炊飯器で簡単に作れるレシピを紹介

サムゲタン

韓国料理・サムゲタン

韓国で暑い夏を乗り切るための料理と言えばサムゲタン。夏の昼時、人気のサムゲタン専門店の前でサラリーマンが行列してしている姿をよく見かけます。

サムゲタンは鶏を丸ごと1羽使い、高麗人参やニンニク、ナツメ、栗などと一緒に煮込む料理で夏バテ防止や疲労回復に効果があると言われています。漢字では参鶏湯と書き、「サム」は高麗人参の「参(サム)」、「ゲ」は鶏肉の「鶏(ゲ)」、「タン」はスープを意味します。名前から考えるとサムゲタンは高麗人参と鶏肉のスープですね。

そんな本格的な料理は韓国料理店でしか食べる事ができないと諦めているあなた。材料さえ揃えばサムゲタンって意外と簡単にできるんです。

ここでは、本格的なサムゲタンから近所のスーパーに売っている材料だけで簡単で手早くできるサムゲタンのレシピを3つ紹介しちゃいましょう。

【関連記事】

その1 丸鶏を使ったサムゲタンが一番人気

サムゲタン

材料(2人分)

若鶏(サムゲタン用 ) 1羽
もち米 1/4カップ
ニンニク 2かけ
干しナツメ 2個
高麗人参 1本
生栗 2個
ねぎ (青い部分) 1本
生姜 1かけ
塩、コショウ 適量
水   適量

〈レシピ〉
①もち米を洗い、水につけて少し白くなるまで置いておきます。
②高麗人参とナツメはきれいに洗います。
③ニンニクは薄皮をとっておきます。
④若鶏のお尻の部分からお腹の中にもち米を入れます。入れ終わったたらもち米が出ないように脚を交差させて結びます。(結びにくかったら、つまようじで留めてもいいです)
⑤鍋に鶏を入れ、その上に高麗人参、ナツメ、ニンニク、栗、ねぎ、生姜を置き、材料がかぶるぐらいの水を注いで、強火で煮込みます。
⑥煮立ってきたら火を弱め、スープが白くとろみがついてくるまでじっくりと煮込みます。
⑦出来上がったら、塩、コショウで味を整えて食べます。

その2 炊飯器にお任せ簡単サムゲタン

サムゲタン

材料(2人前)

鶏手羽元 4本
鶏もも肉 1枚
(胸肉でもよい)
もち米 1/4カップ
ねぎ(青い部分) 1本
ニンニク 2かけ
干しナツメ 2個
生姜 1かけ
塩 小さじ1
ゴマ油 小さじ1
水 適量

①もち米を洗い、水につけて少し白くなるまで置いておきます。
②炊飯器に鶏手羽元ともも肉を入れます。
③その上にナツメ、ニンニク、ねぎ、生姜を置き、炊飯器の3合のメモリのところまで水を入れます。
④塩とゴマ油を入れます。
⑤炊飯器のスイッチを押して、炊きあがったら出来上がりです。
⑥できあがったサムゲタンは塩、こしょうでお好みの味に仕上げて食べます。