韓流映画・ドラマ

高視聴率を記録した韓国ドラマ「悲しき恋歌」のあらすじやキャストを調べてみた!

2018年3月13日

韓国ドラマ「悲しき恋歌」の視聴率は?

韓国での視聴率は16.0%日本では「冬のソナタ」「天国の階段」を抜いて初回放送時は10.3%を獲得し話題になりました。韓流ドラマの人気が最盛期の時代の作品ですが、それだけに今でも愛される作品ということでしょう。

「悲しき恋歌」のキャストやあらすじ

あらすじは1988年米軍基地のある街のナイトクラブの町で育つジョンヨンは母親と二人で生活しています。そこにナイトクラブの歌手とその姪のヘインという少女がやってきます。ヘインは盲目でジョンヨン年が近いこともあり育っていくうちに7年の月日がたち、二人がお互いを想うようになったとき事件が起きます。二人はお互いの保護者の反対で離ればなれになってしまいます。

ヘインはニューヨークへ。ジョンヨンは引き取られた父親のもとで、父の苗字と新しい名前チェ・チュンギュと名乗るようになります。二人は離れていてもお互いを思い続けます。

しかしそれぞれの保護者から「ヘインは韓国へ帰った行方は分からない」「ジュンヨンは交通事故で死んだ」と聞かされます。同時期、ジョンヨンには同じように孤独な財閥の御曹司ゴンウと親友になります。ゴンウはニューヨークに留学し、その留学先で偶然ヘインと知り合います。

チュンギュとなったジョンヨンは、ヘインのことが気になりながらも兵役に。兵役から帰ってきたチュンギュに親友のゴンウが「愛する人を紹介する」と紹介したのは目が見えるようになったヘイン。目が見えるようになったヘインはチュンギュがジョンヨンだとわからないため複雑な人間関係の恋愛ドラマとなります。

何年たっても愛される作品

@90210maoがシェアした投稿 -

 複雑に織りなす人間ドラマは今でも根強い人気があり、特にヘインがいつ目の前の人が自分の初恋の人かということに気づくまでの流れにもどかしさを感じながらこのドラマを繰り返し見ている人も多いようです。

【関連記事】

© 2022 K-Channel