開催間近の平昌オリンピックの現状をまとめてご紹介!

ついに開幕!平昌冬季オリンピック!

ついに開幕する平昌冬季オリンピック!日本からも続々と選手が現地入りしており、お祭りムードになってきましたね。しかし、開催を2日後に控えた今でも、まだ様々な問題が残っており不安要素がたくさんあるのが現実です。

そこで今回は開催が迫っている平昌オリンピックの最新情報をお届けしていきたいと思います。

【関連記事】

平昌オリンピックの現状~日本~

@team_hamadaがシェアした投稿

日本でも各地でライブビューイングされることが決定しているオリンピック。5日に行われた入村式を皮切りに、スピードスケートやフィギュアスケートの選手たちが続々と現地入りしています。すでに公式練習もスタートさせており、インスタグラムを通して現地の状況を伝えてくれる選手までいるんですよ!

9日に行われる開会式には、日本から多くの選手も出席し、安倍総理も出席することが明らかになっています。

平昌オリンピックの現状~韓国~

Keiさん(@ke764)がシェアした投稿

韓国ではオリンピック開幕に向けて緊張が走っています。すでに各地の空港では厳重な手荷物検査が行われており、出入国に大幅なロスが発生しています。しかし、これは以前から通知されていたものですので、旅行の際には余裕を持って行動すると良いですね。

韓国の街中にもオリンピックを応援する横断幕などが掲げられており、東大門デザインプラザなどではオリンピック開催中、パブリックビューイングが決定しています。

しかし、まだまだ準備が整っていないのも現状で、モニュメントなどはもう間に合わない・・というニュースも流れています。また、今回のオリンピックでボランティアが総勢1万8千人ほどいますが、そのうち2000人がすでに辞めてしまい、先日行われた開会式リハーサルもボイコットする人が多発。急ピッチで進められていたため、あまり良い環境下ではないとのことです。

平昌オリンピックの現状~北朝鮮~

韓国との合同チームで出場することを決定している北朝鮮。7日には北朝鮮応援団が280人ほど韓国入りしています。北朝鮮が公式に応援団を韓国へ派遣するのは、2005年に行われた仁川アジア陸上大会以来のこと!

そして8日には北朝鮮で軍事パレードが行われる予定で、各国は警戒を強めています。しかし、自分の国の選手も出場するオリンピックなので、この期間中に何か問題を起こすようなことはないのではないでしょうか?