韓国語

久しぶりの韓国語は「オレンマニエヨ」SNSやメールで使えるフレーズを紹介

「久しぶりの」や「久しぶりに」の活用方法

日本語でも「久しぶり」の挨拶以外で、「久しぶりの~だ」や「久しぶりに~した」のように話すときがありますよね。

「久しぶりの」오랜만의(オレンマネ)「久しぶりに」오랜만에(オレンマネ)と言います。

韓国語でも使い方は日本語と同じ。言いたいことを韓国語に直訳して入れればOKです!

発音は同じなのですが、語尾の「(エ)=の」と「(エ)=に」で意味が変わってくるので、書くときには特に気つけてください。

活用のポイント

ハングル(カタカナ読み) 意味
오랜만(オレンマ+名詞 久しぶり
오랜만에~해요(オレンマネ~ヘヨ 久しぶりに~する

まず「오랜만의(オレンマネ)=久しぶりの」ですが、後に続く単語は名詞のみ

例えば、「久しぶりの電話です」というような時には…

例文

오랜만의 전화예요. / オレンマネ チョナイェヨ

というように使います。

次に、「오랜만에(オレンマネ)=久しぶりに」ですが、後に続く部分には「~する」という行動を表す動詞を置く必要があります。

例えば、「久しぶりに雨が降りました」といような時には…

例文

오랜만에 비가 내렸어요. / オレンマネ ピガ ネリョッソヨ

というように使います。

上記のように、「久しぶりに」の後につく動詞は過去形を使ってもOK。

発音は同じに聞こえてしまうのですが、ハングルの助詞の部分が異なりますので覚えておきましょう!

韓国語「久しぶり」を使いこなそう

今回は韓国語「久しぶり」の挨拶の仕方から活用方法まで解説しました。

久しぶりは韓国語で「オレガンマン」と発音し、ハングルでは「오래간만」ですが、よく使用されるのは省略系の「오랜만(オレンマン)」。

久しぶり、と挨拶するときは、よく使うフレーズと一緒に相手に合わせて敬語とタメ口を使い分けましょう。

また、「久しぶりの」と「久しぶりに」は同じ「オレンマネ」ですが、語尾の文字が異なるので注意。

久しぶり、と言う場面が出てきたら、今回勉強したフレーズと一緒に挨拶してみてくださいね。

© 2022 K-Channel