イ・ミンホ出演ドラマまとめ

イ・ミンホの性格まとめ

韓国の人気俳優イ・ミンホ。話題作にも多数出演し、日本でも知名度が高い。

優れたルックスや187㎝の長身でイケメン俳優として人気を集めているイ・ミンホだが、実力も兼ね備えており、数々の受賞歴もある。ルックスと実力、どちらも認められた演技派イケメン俳優だ。

今回はそんなイ・ミンホが今までに出演してきたドラマについて見ていこうと思う。

【関連記事】

秘密の校庭

イ・ミンホ

2006年に放送されたドラマ「秘密の校庭」。サッカー部に所属している高校生、パク・ドゥヒョン役を演じたイ・ミンホにとってこの作品がデビュー作となった。

勉強もスポーツも出来る学校一のスター的存在の男子が突然交通事故で亡くなり、その1年後が物語の背景となっている。あることをきっかけにその男子を取り巻く秘密がひとつずつ明らかとなっていくのだ。

全24話で大きく6つのテーマに分けられており、イ・ミンホ演じるパク・ドゥヒョンにスポットが当てられた話もある。イ・ミンホはデビュー作から優れたルックスと演技力で注目を集めた。

走れサバ!

走れサバ

2007年に放送された「走れサバ!」。名門私立高校を舞台に問題児の波乱万丈な学校生活が描かれた作品だ。イ・ミンホはその問題児チャ・ゴンチャン役を演じ、この作品が初のドラマ主演作となった。

退学直前に転校してきた女子生徒に一目惚れをし、あと1日休めば退学という危機に瀕しながらも情熱で学校生活を続けるイ・ミンホ演じるゴンチャン。初恋のときめきが伝わってくるとその演技力は高く評価された。

アイ・アム・セム ~I am Sam~

アイアムセム

2007年に放送されたドラマ「アイ・アム・セム」。原作は日本の人気ラブコメ漫画「教科書にないッ!」だ。さえない高校教師が出会った少女はヤクザの組長の一人娘。その少女に気に入られ、専属家庭教師として同居、そして勤めている高校に少女が転校してくることに。そこから始まるドタバタ劇から目が離せなくなる作品だ。

イ・ミンホは高校で一番の人気を誇るアイドル的存在ホ・モセ役を演じた。