韓国語の「クレ」ってどんな意味?「マジャ」との違いも徹底解説!

人気記事

DHOLICさん(@dholic_official)がシェアした投稿

「クレ」の使いかたをマスターしてあいづち上手になろう!

韓国語で「クレ」と「マジャ」の違いや「クレ」の使い方が気になる方は必見!「クレ」と「マジャ」の違いや使い方を例文と一緒にご紹介します。ネイティブもよく使うあいづちだからこそ、正しい使い方をマスターしましょう!

【関連記事】

韓国語の「クレ」と「マジャ」はそれぞれどんな意味?

DHOLICさん(@dholic_official)がシェアした投稿

韓国語の「クレ」は日本語で「そう」や「そうだ」という意味があります。そして「マジャ」は日本語で「そう」や「その通り」という意味があります。

韓国語で「クレ」と「マジャ」の違いは?

「クレ」も「マジャ」も、ネイティブがよく使うあいづちですが、言葉のニュアンスにちょっとした違いがあるんです。「クレ」は、相手が言ったことをそのまま肯定するときに「そうだよ」「そうだね」という意味で使われます。

DHOLICさん(@dholic_official)がシェアした投稿

一方、「マジャ」は、「クレ」と同様に「そうだ」という肯定の意味を持ちますが、「その通りだ」というニュアンスが強く。相手が「〜でしょ?」と疑問を投げかけてきたときに「正解!」「そうだよ!」というようにも使うことができるんです。

韓国語の「クレ」正しい発音は?

DHOLICさん(@dholic_official)がシェアした投稿

「クレ」の発音は至ってシンプルです。子音もないので、そのまま「クレ」と発音すればOKです!