ソウル東横インは便利?朝食やバスの利便性、アメニティを調べてみた!

東横イン

日本にも支店がある東横イン

日本全国に多くの支店を持つ「東横イン」。ビジネスホテル専門の大手ホテルチェーンであり、韓国では東大門に「東横イン ソウル東大門(以下、東横イン東大門)」を展開しています。韓国旅行中はホテルで寝れればOKという方や、最低限のホテルで良いという方におすすめのビジネスホテル。

今回は東横イン東大門の気になるアメニティ情報や、リムジンバスの情報、ちょっと変わったお部屋のタイプなどもご紹介していきましょう!

【関連記事】

ソウル東横イン東大門は朝食が無料!

朝食若い方は、普段から朝食を食べない方も多いと思います。筆者もそのひとりなのですが、なぜか旅行に行くと朝食をしっかり食べてしまうことってありませんか?しかも、ホテル内で食べられるとなれば、ぜひ利用したいですよね!

こちらの東横イン東大門では、宿泊客は全て朝食サービスを無料で受けられるんです。これは嬉しいポイントです。朝の7:00-9:30まで、宿泊日や人数に関わらずバイキング形式で利用することが可能です。

気になるその内容ですが、トーストやパン、簡単な卵料理やごはん、ナムルやキムチなどのおかずで、スープやドリンクなどもありますよ。しかし、5つ星ホテルでの豪華な朝食バイキングとは違い、あくまでも“無料サービス”のため、軽食程度に考えておくことをおすすめします。

ソウル東横イン東大門のアメニティは?

客室ホテル選びの際に、気になるポイントのひとつ「アメニティ」。こちらの東横イン東大門は、いわゆる観光ホテルではなく、ビジネスホテルのため、部屋に備えられているアメニティも最低限のものとなります。

アメニティ(全客室共通)

シャンプー、リンス、ボディソープ、タオル、バスタオル、ドライヤー、歯磨きセット

アメニティに歯磨きセットがあるホテルは、年々少なくなってきましたが、こちらではどのお部屋にも歯磨きセットがあるとのことです。また、プランによっては「レディースセット」という化粧水などのお試しセットが頂けることもあるとのこと!気になった方は、フロントでお尋ねしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、ガウンなどのナイトウェアも無料ですが、全客室に置いていない場合もあるため、希望の方はフロントにお申し出ください。

化粧水などのスキンケア用品は、日頃から使っているものを持って行くという方も多いため、これだけのアメニティが揃っていれば、十分ですね!タオルなど、かさばるものが用意されているのも便利です。

ソウル東横インには“窓なし”の部屋が存在する?!

宿泊プランこちらはソウル東横イン東大門の、公式サイトに記載されている部屋タイプの説明です。こちらに記載の通り、東横イン東大門では「お部屋に窓がない、地下部屋」というお部屋があるようです。

最近、格安ホテルなどにも増えて来ている「窓なしの地下部屋」。格安ツアーなどでも「窓のないお部屋になる場合がありますが、予めご了承ください」と記載されているのを、よく見かけます。

ひとりでビジネス利用のために宿泊し、ただ眠るだけならまだ大丈夫ですが、ファミリーや友人同士で宿泊する場合には、なんとなく窓が欲しいのは筆者だけでしょうか?景色を見る見ないに関わらず、ちょっと息苦しそうなイメージがあります。

ただ、窓がない分、料金はお安くなっており、お部屋も地上階よりは広いため、価格重視!の方にはおすすめかもしれませんよ!