韓国料理・グルメ・食べ物

お土産に人気の韓国のり!おすすめの食べ方やのり巻きの作り方も!

韓国のりのおすすめの食べ方をご紹介!

みなさんはどのように韓国のりを召し上がっていますか?通常は、そのまま食べる。もしくは白いご飯に乗せて食べる。くらいだと思います。でも、正直ちょっと飽きてしまうことってありませんか?ここでは韓国で人気の「韓国のりアレンジレシピ」をご紹介していきましょう!

콩님さん(@jieunsan1)がシェアした投稿 -

サムギョプサルや焼き肉で欠かせない野菜「サンチュ」。韓国ではこのサンチュをたくさん食べてこそ、お肌も健康になり、お通じが良くなると言われています。

そこで登場するのが韓国のり!通常はサンチュにお肉を乗っけて、サムジャンやニンニクなどと共に巻きますが、韓国のりで巻くのが美味しいんだとか!

筆者もお試ししてみましたが、韓国のりの香ばしさとお肉の歯ごたえがマッチング!これは美味しいです。しかし、みなさんもご存知のように韓国のりは結構ペラペラ・・・。そのため、お肉の熱さがダイレクトに伝わってきて、手が油っぽくなりました。

というわけで、サンチュに韓国のりを乗せ、その上にお肉を乗せると良いと思います!

日本でも人気の「アボガド」。森のバターと呼ばれている野菜で、栄養価も高く、美肌にも効果があります。サラダやカリフォルニアロールくらいしか、お目にかからないアボガドも、韓国のりと合わさると全く違う味に!

韓国のりに薄く切ったアボガドを乗せ、ほんの少しワサビをプラス!それをくるっと巻いて、少しだけ醤油を付けると、なんともねっとりとした味わいに。ちょっとお寿司を食べているような、不思議な気分になりますよ。

この他にも、韓国のりにキムチとクリームチーズを乗せたり、韓国のり自体を佃煮にしてしまうという方もいました!みなさんもぜひ、新しい韓国のりの食べ方を発見してみてくださいね。

韓国のり巻きの作り方を大公開!

韓国の国民食とも言える「のり巻き(キンパ)」。最近では「プレミアムキンパ」という高級なキンパが人気を集めており、ご飯がほとんど入っていないダイエット向けのキンパも登場しています。

難しそうに見えるキンパですが、これが意外に簡単に作れるんです!

【材料】

  • ご飯(白米でも雑穀米でもお好きなものを)
  • のり巻き用の韓国のり
  • 薄焼きたまご
  • キムチ
  • 沢庵
  • ハム
  • ツナやナムルなど、入れたい食材なら何でもOK

どんなものを中に入れても、美味しく出来上がるのが韓国のり巻きの嬉しいところ。ちなみに、普通のペラペラの韓国のりでは、破けてしまうため上手に巻くことが出来ません。必ず「のり巻き用の韓国のり」または日本の海苔のような、しっかりしたものを使ってくださいね。

日本の太巻きと同じように、海苔の上にご飯を薄く広げ、手前(自分の体側)に入れたい具を置いていきます。そして、手前に引き寄せるようにギュギュッと力を入れながら、巻いていき、食べやすい大きさにカットすれば完成です!

辛いものがお好きな方は、青唐辛子を入れたり、コチュジャンを塗っても美味しいです。お子さんがいる家庭でがツナやチーズなどが喜ばれると思います。

誰もが一度は食べたことのある「韓国のり」。キムチより好き嫌いがなく、辛いものが食べられない小さなお子さんでも食べられるのが嬉しいですよね!メーカーによって、本当に味や値段が様々なので、みなさんもぜひお近くのスーパーや韓国旅行で、お気に入りの韓国のりを見つけてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

© 2022 K-Channel