地下街からフードコートまで各地のロッテデパートを徹底解剖!

ロッテデパート

韓国で一番の店舗数を誇るロッテデパート

韓国で一番の知名度を誇るデパート「ロッテデパート(ロッテ百貨店)」。韓国内での店舗数も一番多く、外国人観光客も多く訪れます。

そこで今回はその中でも特に人気の「ロッテデパート明洞」と「ロッテデパート釜山本店」について、基本情報やグルメが楽しめるフードコートの情報などもお伝えしていこうと思います。

【関連記事】

ソウル明洞にあるロッテデパート本店

ロッテデパート明洞ロッテデパートの中でも、外国人観光客が一番多いのが「ロッテデパート本店」です。こちらは明洞に位置し、隣にはロッテホテルやロッテヤングプラザなどがあり、大きな免税店があるのも特徴のひとつ。

アクセスがしやすいことから、観光客はもちろん、現地の方にも人気の店舗であり、いつも多くの人で賑わっています。また、観光スポット“明洞”という土地柄、デパート内の多くの店舗では片言でも日本語が話せる店員さんが多く、買い物がしやすい環境になっています。

筆者も明洞や市庁エリアに行く際には、目的もなくつい立ち寄ってしまいます。ちなみに、9階にあるイベントホール(催事場)では、季節によってセールなどが行われており、かなりお得にお買い物できることもあるため、のぞいてみると良いですよ!

釜山ソミョン(西面)にあるロッテデパート釜山本店

ロッテデパート釜山本店釜山にもいくつかの店がありますが、ここ「西面(ソミョン)」にある店舗が「ロッテデパート釜山本店」です。こちらも明洞の本店と同じく、隣にロッテホテルがあるため、観光客がとても多い人気のデパートになっています。

そして、こちらの店舗ではデパートの他に免税店や映画館、カジノ(隣接するロッテホテル内)まであることから、一日中楽しめるスポットになっています。

地下鉄の駅から、地下通路でロッテデパートへ直行できるため、お天気の悪い日でも安心して訪れることが出来ますね!

ロッテデパートのレストランやフードコート

韓国料理ロッテデパートでは基本的にどこの店舗でも“最上階”がレストラン街になっています。レストランは、各店舗により異なりますが、韓国料理をはじめ、日本料理や中華料理、洋食なども人気があります。

お値段は特別安い!というわけではありませんが、観光地では“ひとりでの入店”を断られることも少なくない韓国のため、デパートのレストランでは安心してひとりでも入店することが出来ます。

また、デパートの楽しみのひとつでもある「フードコート」もロッテデパートでは人気があります。フードコートこちらでもレストラン同様に韓国料理だけでなく、和食や洋食、タイ料理などの多国籍料理も楽しめることで人気があります。

家族で韓国旅行に行く際などは、どうしても食べたい料理の意見が分かれてしまうこともありますよね。そんな時はフードコートを利用するのがおすすめです。デパートの営業時間中であれば、どの時間でも食事を楽しめるのもフードコートの魅力ですよね!

ちなみに、釜山本店ではフードコートが閉店してしまったため、レストラン街で食事することをおすすめします。地下食品街の一角に、いくつかイートインスペースがあるお店もありますが、確実に食事したいという場合には9階のレストラン街か近隣の飲食店を利用しましょう。

また、フードコートだけでなくイートインが出来るスペースがある店舗もあります。回転寿司こちらはロッテデパート本店のフードコート近くにある回転寿司店。

いつ通りかかっても、本当に多くのお客さんで行列が出来ており、特に現地の韓国人の方から人気のお店です。日本の回転寿司では見かけないようなネタなども回っているため、ちょっと覗いてみても面白いかもしれませんね!ちなみにお値段はデパート価格で、日本の回転寿司よりもちょっぴりお高めでした。