韓国の物価は高い?安い?日本との比較を徹底調査!

@yado811がシェアした投稿

韓国は「安い」というイメージがありますが・・・

韓国と言えば「なんでも安くて、なんでも美味しい!」というイメージを持っている方も多いと思います。確かに、数十年前から10年ほど前まではかなり物価が安く、ブランド品や高級コスメなどは韓国で購入するのが一番安いと言われていました。

では、ここ1-2年で韓国を訪れた方、実際に物価は安かったですか?コスメなどは、日本で購入するより激安でしたか?そう聞かれると、特に安くはなく、安いと言えば食事や交通費、そして衣類やバッグなどのファッション雑貨だけだと感じる方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず。韓国では最近、年々物価が上昇しており、それでいて賃金は上がらないままなので生活が苦しくなってきている方が多いんです。そこで今回は韓国のリアルな物価事情をご紹介!旅行ではあまり気にすることがなかった、生活用品の雑貨や住宅情報などもお伝えしていきたいと思います。

【関連記事】

韓国の物価上昇率をチェックしてみよう!

年々、物価が上昇しており、生活苦に悩んでいる方も多い韓国。約10年前の物価と比べると、なんとほとんどの物価が50%も上昇しているというので驚きですよね!

ちなみに30年ほど前と比べると、本当に価格が上がっているのが分かると思います。当時はラーメン1杯が10円、ジャージャー麺が35円、コーヒー1杯20円、銭湯55円という時代でした。ラーメン1杯10円という時点で、どれだけ韓国が物価の安い国だったかお分かりいただけると思います。

しかし、現在ではコーヒー1杯を100円ですら飲めない時代に突入しており、日本で人気のスターバックスは韓国内でかなり多くの支店を展開していますが、実際は韓国人で毎日通う方はほとんどいないんだとか。スタバでコーヒー1杯飲むなら、ランチでラーメンを食べた方が良い!そんな考えの方が増えて来ています。

韓国の物価比較~日本より安いもの~

全体的にそんなに物価が安くない韓国ですが、それでも日本と比べるとだいぶ安いものもあるんです。ここでは、日本と比べて比較的安いものをご紹介しましょう!

まず、若者のアルバイト代。これはもちろん高い方が嬉しいのですが・・韓国内でのコンビニでアルバイトした場合の時給は500-600円が相場です。ちなみに、日本の東京都内の最低賃金は958円のはずなので、これだけ見てもものすごい差があることが分かります。

そのため、韓国の学生たちはアルバイトに時間を費やすより、両親からお小遣いをもらう方が圧倒的に多いんです。元々、韓国では高校生が働けるアルバイトというものが少ないことも影響しているようですね。

そして韓国旅行で必ず利用する公共機関。電車・バス・タクシーなど、乗り物は日本よりかなり安いと思います。電車の初乗りはもちろん、タクシーの初乗りも日本よりだいぶ安いことで知られています。

韓国と言えば韓国グルメ!ですが、韓国料理に限定した場合は日本より安く食事をすることが出来ます。ちょっとしたランチは500円程度で、それなりの食事を楽しむことが出来ますし、夜近所へ飲みに出かけても1人あたり3000円もあれば、朝まで飲むことが出来ちゃいます。(観光客向けの飲食店は除く)

ただし、洋食や日本食、韓国料理でも宮廷料理や韓牛となるとお値段は上がり、パスタやピザなどは日本で食べた方が断然安いと思います。

そして、韓国ではマンション(韓国ではアパートと呼びます)の月々の家賃が1万5千円程度であり、なかにはタダという場合も少なくありません。え!家賃がタダ?!と思った方もいると思いますが、実は韓国では日本と違った賃貸方式をとっており、入居の際に「保証金」が必要となり、この保証金が数百万ということが珍しくありません。芸能人が住む高級マンションともなれば保証金が2000万円なんていうことも!

そのため、そこから家賃が引かれる仕組みになっているので、月々の家賃はかなり安いまたはタダということになります。ちなみに、一般的な4LDKマンションを購入する場合の価格は日本とそう変わりがありません。