仁川空港からソウル市内へ向かうリムジンバス!行き先別一覧と時刻表すべて教えます!

リムジンバス

便利な交通手段・リムジンバス

韓国最大の空港である仁川国際空港と韓国各地を結ぶ「リムジンバス」。主要の観光スポットやホテルなどを結んでおり、韓国旅行で利用する方も多いのではないでしょうか?

今回は仁川空港のリムジンバスの基本情報や、お得な情報などを合わせてご紹介していきましょう!

【関連記事】

仁川空港リムジンバスの主要路線と時刻表サイト

時刻表仁川空港発着のリムジンバスはとても多くの種類があるため、今回はソウル市内へアクセスしている路線を中心にまとめてみましょう!

まず、リムジンバスは「KALリムジンバス」「デラックスリムジンバス」「スタンダードリムジンバス」の3種類に分けられます。おすすめはKALリムジンバスで、このバスは多くの主要ホテル前に停車するため、とても便利に利用できます。

デラックスリムジンバスはちょっとお高めではありますが、ホテルや観光スポットと仁川空港をほぼノンストップで走っているため、目的地に早く到着することができます。

一方、スタンダードリムジンバスは停車バス停も多く、途中からでも乗車できるため結構な時間がかかります。お値段は一番安いですが、その分停留所が多いのが特徴です。

路線仁川空港からのリムジンバスはソウル市内だけで、上記のスポットに停まります。しかし、同じ方面であっても路線が何本もあるバスがあるため、乗車の際には必ず行先を細かくチェックするようにしましょう。

ちょっと分かりづらいかと思いますので、江南方面へ行く場合のバスを例にしてみましょう!

  • 6703番 空港→サピョン駅→リッツカールトン→新羅ステイ駅三→ベストウェスタン江南
  • 6704番 空港→COEXインターコンチネンタル→イビスアンバサダーホテル

上記はどちらも江南方面へ向かうバスですが、ルートが違うため主要時間なども変わり、終点も違います。必ず事前にバスの番号を調べて利用してくださいね!

また、どの路線であっても運行間隔は10-30分となりますが、交通渋滞によって遅れる場合が多いです。特に夕方の時間帯はソウル市内の渋滞が激しいため、到着に遅れが出ることがほとんどです。

詳しい時刻表や細かい停留所を確認したい方は、韓国情報サイトコネストで詳細を確認してみましょう。様々なサイトをチェックしましたが、こちらのサイトが一番分かりやすく説明されています。

仁川空港リムジンバスの最終時間は?

リムジンバス路線によって、最終運行時間は変わりますが、ほとんどの路線で最終時間は夜22:30前後となります。これは仁川空港を出発するバスの時間のため、スタンダードリムジンバスを利用して、途中から乗車する場合には時間が前後します。

中には22時過ぎに運行が終わってしまう路線もあるため、事前に最終時間をチェックするか、間に合わなかった場合の電車のルートを調べておくと便利ですよ!

仁川空港と金浦空港を結ぶリムジンバス

リムジンバス韓国旅行では仁川空港からソウル市内へ繰り出す方が多いですが、中には金浦空港まで移動して国内線へ乗り換えるという方もいます。

その場合にも便利なリムジンバス。6707(A)のKALリムジンバスは仁川空港と金浦空港を結んでいます。途中、他のバス停に停まることがないため、直通バスとして多くの方が便利に利用しています。

ちなみに6707番には(A)と(B)があり、異なる路線を走っているため必ず(A)という表示をご確認ください。(どちらも仁川空港が始発のバスとなります)