韓国で使えるwifi!空港レンタルからコンビニ購入など徹底比較!

wi-fiレンタル韓国旅行に行く際、みなさんはどのようにしてインターネットへ接続をしていますか?

もちろん旅行中の数日くらいならば、インターネットに繋がなくても大丈夫!という方も多いかと思います。でも、道に迷った時、韓国語が分からない時、地下鉄の乗り換えを調べる時、インターネットがあればとても便利なんです!

そこで今回は、便利な「wifi」ルーターの情報や、韓国でのwifi事情をお伝えしていきましょう!

韓国旅行で必須のwifiルーターとは?

wi-fiレンタル「wifiルーター」とは、持ち運びの出来る無線LANアクセスポイントのことで、これを1台持っていれば、海外へ渡航した際にもインターネットへの接続が可能になります。(日本国内用と海外各国用があります)

また、このwifiルーターはインターネットが接続できる機器すべてに対応しており、スマートフォンだけでなくノートパソコンやタブレット、インターネット機能搭載のゲーム機なども接続することが可能です。

なによりも便利なのは「1台で数台接続が出来る」という点であり、携帯会社の国際ローミングサービスはスマートフォン1台×日数分×人数となりますが、このwifiルーターはルーター1台×日数分だけとなり、とてもお安く利用することが可能です。

しかし、このwifiルーターは多くのレンタル会社が競合しているため、会社により金額や利用できる容量なども異なります。特に日本国内で運営されている会社のwifiルーターは「定額だけど、1日〇ギガまでしか利用できない」というパターンが多く見られます。そのため、数台同時に接続した場合などは、数時間で容量に達してしまって、結局は使い物にならないという意見もよく見かけます。

一方、韓国で運営されている会社のwifiルーターには利用制限容量がほぼなく「1日〇〇円で使いたい放題」というのが一般的となります。そのため、数台同時に接続しても問題はなく、もちろん地域や時間帯によって差はあるものの、国内でインターネットを利用している時と、ほぼ変わらない状態で快適に利用が出来るのです。

wifiレンタルは韓国の空港がおすすめ

wi-fiレンタル日本と比べ、韓国ではwifiルーターのレンタル代金が割安になっています。金額は平均で1日定額500円程度であり、インターネット接続し放題となります。

韓国旅行で多くの方が利用する金浦空港や仁川国際空港、また金海空港や済州空港など、どこの空港でも「wifiルーターのレンタル専用カウンター」が設けられており、ここでレンタルをすることが可能です。

日本と同様、韓国にも大手通信事業会社がいくつかあるため、カウンターは会社ごとに分かれて並んでいますが、実際に筆者が数社利用してみたところ、大幅な料金の違いはありませんでした。日本国内から予約する場合にはコネストソウルナビから、キャンペーンや料金によって選択することが出来ます。

当日、直接韓国の空港でレンタルすることも出来ますが、用意されているwifiルーターの台数には限りがあるため、確実に利用したい場合には上記のサイトなどから事前予約するのがおすすめです。また、予約案内書があれば、カウンターでもスムーズに手続きが済むため、実際にかかる時間は10分程度になります。

その場で接続確認も行ってくれるため、機械が故障している場合などにも迅速に対応してくれるだけでなく、返却も空港で行えるという便利な点があります。一応、営業時間はありますが、深夜や早朝出発の場合は「ポストに返却」というサービスもあるため、手ぶらで出国できるのも魅力ですよね。

簡単な説明は日本語または英語で説明があり、支払いは返却日に韓国ウォンまたはクレジットカードでの支払いとなります。