1泊2日で楽しめる!京畿道「加平」の人気観光スポット!

韓国人に人気のスポット“京畿道”

韓国の首都・ソウルを囲むような位置にあり、ソウルからバスで1時間半程度で行くことのできる韓国・京畿道(キョンギド)。

水原華城やDMZがある地としても有名であり、韓国人の短期旅行先として非常に人気があるエリアなんです。そこで今回は京畿道の中でも、特に若者に人気がある加平(カピョン)の人気観光スポットをご紹介していこうと思います!

【関連記事】

京畿道「加平」って、どんなところ?

眩しい日差しが水面に反射し、きらきらと光を放ちながら流れていく清らかな北漢江。その流れに沿って広がる閑静なドライブコースを走っていると、日常のストレスもいつの間にか吹き飛んでしまいます。

京畿道と江原道の境に位置した加平。実は加平は山と川に囲まれていて韓国人に人気な休養地なんです!韓国の大学生が国内旅行をする時は加平が多いそうですよ。

アジア最大のジャズフェスティバルが開催されるチャラ島

4つの島から作られているチャラ島は、アジア最大のジャズフェスティバルが毎年10月に行われていることで世界的に知られている人気の観光スポットでもあります。

特に景色が良く、キャンプにも最適!人気の大規模キャンプ場には電気設備が備わっており、夏には毎日のように国内外から家族連れやカップルが集います。

映画の撮影地としても有名な加平レールパーク

エキゾチックな植物園で大自然と触れ合うことの出来る、子供にも人気の施設がこちら!特にその近くにある加平レールバイクと呼ばれる施設では、廃線となった線路を利用したロードバイクを楽しむことが出来るんです。

また、映画「メール」の撮影地としても知られており、ソウルの喧騒から離れてヒーリング旅行を楽しみたい方に人気のスポットになっています。