韓国のコンビニ弁当は美味しい?おすすめの弁当はセブンイレブン!

日本とは違う?韓国のコンビニ事情

日本と同様に、かなりの店舗数がある韓国のコンビニ。チェーン店がそのほとんどを占めており、国民生活の大切な存在でもあります。そんな韓国のコンビニは日本とはちょっと違うことで知られています。

最近では日本でも増えてきた「イートインコーナー」ですが、韓国では以前からこのコーナーを取り入れており、朝の通勤時間帯や深夜などは座れないくらい混雑していることもあるんです。しかも、日本では学生がアイスを食べたりというイメージのあるイートインコーナーですが、韓国ではカップラーメンが定番!ニオイなんて関係ないんだとか・・

食品や酒・たばこ、ちょっとした日用品や雑誌なども購入できることは同じであり、日本のコンビニと同様にレジでコーヒーを購入することも出来ます。ちなみに、韓国のほとんどのコンビニでは「袋に入れてください」と言わないと、袋に入れてくれないので注意しましょう!

ちょっと前置きが長くなりましたが、今回は韓国のコンビニ弁当を調べてみました。韓国旅行で飲み物は買うけど、お弁当は買ったことない!という方が多いと思うので、人気のコンビニから最新のお弁当をチェックしていきたいと思います。

【関連記事】

韓国のコンビニ弁当は安い?値段の相場をチェック!

韓国では年々物価が高騰しており、国民の生活に打撃を与えてると言われています。特にトイレットペーパーなどの化学製品の値上がりが深刻です。では、韓国のコンビニはどうなのでしょうか?

韓国旅行に行かれる方は「韓国は安い!」と言いますが、実は洋服やカバンなどは日本と大差がないものも多く、特にコスメに関しては日本のものの方が安かったりします。しかし、堂々と「日本より安い!」と言えるものがあり、それが「食べ物」なんです。

これは飲食店でも、スーパーでも同様であり「日本に比べると」安いことで知られています。それでも物価が高騰している韓国では、高い!という意見が多くありますが、日本人からしたらだいぶ安いと感じると思います。

コンビニ弁当の相場は、日本では500円以内で購入できるものはパスタや麺類などで、500円以上なら幕の内弁当やちょっとしたお弁当を購入することが出来ますよね。

参考までに、画像は「おかずのみ」という、韓国で人気のお弁当ですがこちらは360円です。数本のチキンとおかずが入っており、女性の方ならごはんがなくても十分な量ですよね!そう考えると、これで360円はかなりお安いと思います。

一方、こちらはざるそばと揚げ餃子のセット!こちらは450円になっています。なぜ、揚げ餃子が付いているのかと突っ込みたくなる気持ちはわかりますが、ここは「お国の違い」ということにしておきましょう!

美味しいと評判の韓国のコンビニ弁当はセブンイレブン

日本にはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの人気のコンビニがありますが、韓国も同様にセブンイレブンやGS25、CUとミニストップというコンビニがチェーン店として人気です。

その中でも「美味しいものが多い」と人気なのがセブンイレブン!日本でもセブンイレブンのお弁当はその美味しさで人気を集めていますよね。韓国では「ちょっと他のコンビニに比べると高いけど、味は美味しい」という意見が多くありました。

ちなみに余談ですが、韓国人が日本を訪れた時に「必ず食べるべきグルメ」のひとつが、日本のセブンイレブンの「たまごサンドイッチ」なんです。日本のたまごサンドイッチは本当に美味しいと、韓国で大絶賛されており、韓国のセブンイレブンで売られているたまごサンドイッチとは全く別物なんですよ。