韓国文化

日本と韓国の習慣の違いを調査!食事やトイレのマナーも違う?

2018年9月26日

日本と韓国の文化や習慣の違い お風呂編

日本では毎日浴槽にお風呂をためて入浴する人も多いですが、韓国では基本的にシャワーだけですませます。また日本では、家族が同じお湯に順番に入りますが、韓国では同じお湯を家族で共有する文化がありません。しかし、韓国には浴槽がないわけでもなく、全く入浴しないわけでもありません。

韓国人はお風呂の代わりに銭湯に行く!?

Junko Ishidaさん(@bunbun413)がシェアした投稿 -

人によっては週に1回ほど入浴する人もいますが、基本的に入浴するときは、「チムジルバン」と呼ばれる銭湯に行く人が多いです。チムジルバンは日本でいうスーパー銭湯のような場所であり、入浴施設やサウナや、休憩することができるスペースや、食堂や横になることができる場所など非常に充実しています。

1回の入場料は日本円にして500円~800円程度が平均であると言われ、1000円を超えるような場所は全身マッサージや観光客用垢すりが含まれた料金だと言われています。最近のチムジルバンでは別料金で個室のベットがあったり、ネットカフェのようにPCルームまでついている場所もあります。手頃な料金でリラックスするこができるので観光にもおすすめの場所です。

また、入場時には専用のサウナの服やタオルを貸してもらえます。タオルはヤンモリといった結い方をし、韓国のドラマや映画シーンでも登場していることがあるので、見たことがある人も多いでしょう。チムジルバンではばシッケというお米のジュースと麦飯石卵を注文するのが定番になっているので、行ったときはぜひ食べてみることをおすすめします。

日本と韓国の文化や習慣の違い トイレ編

U Y Ê Nさん(@uiieen)がシェアした投稿 -

韓国のトイレは水洗で洋式が多い、といった点は日本と変わりがないでしょう。しかし、韓国のトイレでは、トイレットペーパーを流してはいけません。韓国の個室のトイレに行くと、「紙を流さないで」と書いてあります。では、どこに使用済みのトイレットペーパーを捨てたら良いのでしょうか。

韓国のトイレにはゴミ箱が置いてあります。使用済みのトイレットペーパーは流してしまわず、ゴミ箱に捨てるように気をつけましょう。ただ、最新式のデパートや空港では「トイレットペーパーは便器へ、しっかり流してください」といった貼り紙があり、最近は直接流しても良い場所も増えいます。

近年は紙を流せるトイレが増えている!?

wak.wak.homeさん(@waku.home)がシェアした投稿 -

2017年にはソウルの地下鉄駅構内トイレが直接流せるようになりました。そのため、流して良い場所と流してはいけない場所の見分け方として、次の韓国語を覚えておくことをおすすめします。「화장지는 휴지통에 버려 주세요」という張り紙で、「トイレットペーパーはゴミ箱に捨ててください」といった意味になります。

直接便器に流してはいけない理由として、下水管が細いために、トイレットペーパーがつまってしまう可能性があるということです。誤ってお店やホテルのトイレに紙を流して詰まらせてしまうと、故障と判断された場合には、弁償が必要になってしまう可能性もあります。韓国に行った場合には注意しましょう。

日本と韓国の文化の差を理解しましょう

いかがでしたでしょうか。日本と韓国には言語だけではなく、日常生活のさまざまな所に文化や習慣の違いがあります。韓国に行く際には、文化やマナーの違いもしっかりとチェックしておくと便利ですね。

© 2021 K-Channel