韓国文化

韓国でお酒を飲める年齢は19歳!旅行で注意すべきお酒に関する法律を知ろう

韓国旅行では韓国の法律が適用される!旅行時の注意事項

 

この投稿をInstagramで見る

 

JaeHoon Yang(@halyanggun)がシェアした投稿

日本から韓国へ旅行に行った時には、いったいどの国の法律に従えばよいのでしょうか?

ここで迷ってしまう人が多いかもしれませんが、基本的に他の国に滞在中は、その国の法律が適用されます。

そのため、韓国に行ったら韓国の法律に従いましょう!

日本で言う未成年が韓国に旅行に行った際には、これまでの内容から、数え年で19歳(満18歳になる年)であれば、韓国では飲酒が可能となります。

これを念頭に、お酒を購入したい場合、お店でお酒を飲みたい場合の注意事項をチェックしてみましょう。

コンビニやスーパーでお酒を買うときの注意事項

コンビニやスーパーなどでお酒を買う時には、店員から身分証を求められることがあります。

それは、上記でも述べたように、お酒を未成年に販売してしまったらお店側が罰せられてしまうからです。

また、成人あっても、見た目が若くみられたり、店員が未成年かもしれないと判断した場合には、身分証の提示を求められることも。

日本でも、お酒を購入する時に店員が20歳未満なのではと思ったら、身分証や年齢確認できるものの提示を求められますよね。

そのため、お酒を買いに行く際には、念のために身分証明証を携帯しておくことをおすすめします。

ちなみに、旅行で韓国を訪れている時に年齢を証明できるものは、パスポートとなります。

当たり前ですが、日本語表記だけのものや、日本特有の年号の呼び方の記載された身分証明証では、相手国に通じませんのでご注意を。

パスポートを持ち歩きたくないという人は、パスポートのコピーを準備しておくと、いざという時に便利ですよ。

飲食店でお酒を飲むときの注意事項

飲食店でも、未成年にお酒を提供した場合に厳しく罰せられることを避けるために、年齢確認を行うことがあります。

入口にIDチェック機を設置しているお店もあるほどです。

韓国ビール
ビールは韓国語で【맥주メッチュ】 旅行でそのまま使えるフレーズを覚えよう!

続きを見る

韓国では年齢を証明するために、日本でいうマイナンバーカードのようなID「住民登録証」や運転免許証を提示します。

この「住民登録証」は17歳から発行される身分証で、顔写真や生年月日が記載されているため、運転免許を持っていない人が飲食店でIDを求められた時に提示する人も多いようです。

しかし、私たち日本人のマイナンバーでは通じませんので、未成年がいる場合や若くみられるなどの理由がある場合には、上記同様パスポートもしくはパスポートのコピーを携帯していくことをおすすめします。

韓国では満18歳の年からお酒を楽しめる

韓国では、数え年で19歳になる1月1日(日本でいう満18歳になる年)からお酒の購入が可能=飲酒も可能になるということが分かりました。

お酒に関する法律もご紹介してきましたが、日本の法律との違いがいくつかありましたね!

個人的には、飲酒した未成年ではなく、お酒を与えた大人やお店側が罰せられるというのが一番の驚きでした。

また日本から韓国へ旅行へ行く際には、韓国の法律が適用されます。

お店でお酒を購入したり、飲酒する際には身分証明証の提示を求められることもありますので、パスポート(もしくはコピー)の携帯も忘れずに。

日本よりも早くお酒が飲めるからと言って、はめを外さないようにだけ気を付けましょう。

© 2022 K-Channel