韓国語で「わかりました」はアラッソヨ?発音やハングルも調べてみた!

「わかりました」を韓国語で言えるようになろう!

韓国語で「わかりました」を言えるようになりたい人は必見!韓国語で「わかりました」の発音やハングルはもちろん、「わかりました」の丁寧な言い方や使い方をご紹介します。使える例文も発音と一緒にご紹介するので、ぜひ活用してみてくださいね。

【関連記事】

韓国語で「わかりました」ハングルでどうやって書くの?


韓国語で「わかりました」のハングルは「알았어요」と表記します。「알았어요」は「アラッソヨ」と発音しますが、発音の仕方によってはニュアンスが大きく変わるので注意が必要です!

明るい声のトーンで「アラッソヨ」と発音すれば問題はありませんが、「アラッソヨ」の語尾の音を下げて発音したり、「アラッソヨー」と語尾を無駄に伸ばして発音したりすると、無愛想なイメージになってしまいます。意味も「そんなことはわかってる」というようなニュアンスになってしまうので、「알았어요(アラッソヨ)」と発音するときは、棒読み発音をしないように気をつけましょう!

韓国語で「わかりました」の丁寧な言い方はあるの?


韓国語で「わかりました」は「알았어요(アラッソヨ)」とご紹介しましたが、目上の人や、少しかしこまった場で使える丁寧な言い方もあるんです!「알았어요(アラッソヨ)」の丁寧な言い方は、「알겠어요(アルゲッソヨ)」や「알겠습니다(アルゲッスンミダ)」があります。

「알겠어요(アルゲッソヨ)」や「알겠습니다(アルゲッスンミダ)」は、「わかりました」と言う意味の他にも「かしこまりました」というような意味も含まれているんです。店員さんがお客さんに対して「かしこまりました」という際にも、「알겠어요(アルゲッソヨ)」や「알겠습니다(アルゲッスンミダ)」が使われています。

また、友達や目下の人に「わかった」と言う際に使うため口は、「알았어(アラッソ)」といいます。シーンによって上手に使い分けられるよう、丁寧な言い方と一緒に覚えておきましょう!

韓国語で「わかりました」発音と一緒に例文をチェック!


韓国旅行中にもよく使える「わかりました」のフレーズは、「네 알았어요(ネ アラッソヨ)」と「알았어요 감사합니다(アラッソヨ カムサハンミダ)」のふたつです。「네 알았어요(ネ アラッソヨ)」は「はい、わかりました」という意味で、「알았어요 감사합니다(アラッソヨ カムサハンミダ)」は「わかりました、ありがとうございます」という意味です。

韓国旅行中に、現地の人に道を聞いたりわからないことを質問したときに、きちんとお礼を言えるといいですよね。そういうときに「네 알았어요(ネ アラッソヨ)」や「알았어요 감사합니다(アラッソヨ カムサハンミダ)」が言えると、相手も好感を持ってくれます。簡単なフレーズなので、ぜひ覚えてみてくださいね!