K-POP&韓国歌手 韓国アイドル 韓国芸能人

BTSのマスターアカウントまとめ2022!相次ぐ活動休止の真相にも迫る

 

この投稿をInstagramで見る

 

HYBE LABELS(@hybe.labels)がシェアした投稿

BTSのマスター情報を知りたい!

今や世界中のどこでもコンサートを開催すれば、チケットは即完売と。世界中で絶大的な人気を誇るBTS

BTSには韓国国内だけで数百万人規模のファンがついています。

そんなファンの中でも「マスター」と呼ばれる方がいるのは、ご存知ですか?

マスターとは:私設ファンサイトを開設し、自身が撮影した写真にクレジットをつけてSNSやHPなどで発信するファン

つまり、精力的にコンサートやファンミーティングに出向き、推しメンバーの魅力を世に発信するファンのことですね。

TWICE メンバー
TWICEのマスターアカウントまとめ!写真の正しいルールを知ろう

続きを見る

マスターは日本では”マスターニム”と呼ばれたり、韓国では”ホムマ”と呼ばれたりしています。

そして、マスターの存在は事務所やアイドル本人も認知していることがK-POP界では暗黙の了解。

皆様、気づかないうちに一度はマスターニムが発信している写真を目にしたことがあるはずです!

しかし、ファンにとっては神のような存在の一部のBTSマスター二ムが、次々と活動を休止しているという情報もあります。

その理由を探るとともに、今回はBTSメンバー各々のマスターニムのアカウント紹介と合わせて、2022年現在のマスター事情にも迫っていきましょう。

BTSメンバー別のマスターアカウント一覧

 

この投稿をInstagramで見る

 

I Dare U(@idareu.jk)がシェアした投稿


まずは、BTSメンバー別で”代表的なマスターニム”のTwitterアカウントを見ていきましょう!

マスターの中には、アメリカを始めとする世界各地のライブに出向いて活動している方もいます。

そして、BTSメンバー自身に認知されているマスターさんも少なくありません。

デビュー当初から推しメンバーを追っかけているマスターもいれば、いわゆる古参ですね!

活動途中から追っかけているマスターもいます。

bts-member
【最新】BTSの性格診断(MBTI)の結果は? 推しと相性の良い性格を知ろう

続きを見る

マスターニムが撮影する写真はメンバー自身の魅力ポイントがしっかり抑えられており、とても優しくて心温まるBTSメンバーの表情が収められていると言われています。愛の力ですね。

マスター毎に、撮影する写真の特徴があってSNSを見ているだけでも幸せな気持ちになります!

ではさっそくご紹介していきます!

ジン

SUGA(ユンギ)

  • 「DREAM IN SPRING」 Twitter:@spring030993
  • 「LetMe0309」Twitter:@LetMeinsuga(22年7月現在は休止中、過去の素敵な写真が残っています)
  • 「fistbump」Twitter:@fistbump_suga

J-HOPE(ホビ)

RM(ナムジュン)

  • 「하트랜드❤️초코 | RM3」Twitter:@heartland94_rm
  • 「남준이몰래」Twitter:@namjunemolle (22年7月現在は休止中、過去の素敵な写真が残っています)
  • 「모니주니」Twitter:@MoNiJunNi

ジミン

V(テテ)

ジョングク

BTSのマスターに日本人はいない

 

この投稿をInstagramで見る

 

HYBE LABELS(@hybe.labels)がシェアした投稿


K-POP界のマスターと言えば、どのアイドルも韓国人(韓国在住)のマスターが多い印象ですね。

マスター文化というもの自体がK-POP界特有の文化であるので、海外を拠点にマスター活動している方は少ないですね。

BTSのマスターも2022年現在、マスター活動している日本人はいません。

その変わり韓国在住のマスターが日本人向けにTwitterアカウントを作成したり、ファンイベントを行っている事はあるようです!

しかし、過去にはBTSの日本人マスターを代表する方がいらっしゃいました!

その方はジョングクの元マスターで、ジョングクとの熱愛説も飛び出た程の有名マスター「あずさ」さんです。

bts-member
BTSが受けたサセンの迷惑行為の数々に迫る!用を足した後のトイレまで…?

続きを見る

とにかく”超”が付くほどの美人さん。韓国のイベントにも足を運び精力的に活動されていました。

現在はペン卒をされて、SEVENTEEN・ジョシュアのマスターとして活動されています。

次のページへ >

© 2022 K-Channel