2017年の韓国お盆休みはいつ?お盆期間の旅行代金やお店情報をチェック!

チュソクのお供え

韓国にも日本と同様“お盆”がある

日本では8月13,14,15日の3日間が一般的に「お盆期間」とされていますが、お隣の国韓国でも同様にお盆という文化があります。先祖様の霊を祀るという大切な文化は、韓国だけでなく台湾や中国など、アジア諸国では一般的なものとなっていますね。

今回は韓国のお盆にスポットを当て、気になる旅行代金や料理、お店のお休み情報などをまとめてお届けしていきたいと思います!

【関連記事】

2017年 韓国のお盆「秋夕(チュソク)」期間は?

チュソク韓国のお盆である「秋夕(チュソク)」は秋の名節のひとつとされており、旧暦の8月15日にあたる日を始めとして4日間がお盆の連休となります。

今年2017年は、10月4日が旧暦の8月15日にあたる日となるため、10月3日から6日までの4日間が秋夕連休になります。しかし、7日と8日は週末の土日であり、また翌日月曜日の9日は「ハングルの日」という祝日があるため、今年の秋夕連休はなんと!最大7日間という大型連休になる予定です。

韓国では7連休という大型連休は珍しいため、すでに国内旅行や飛行機などもどんどん予約が埋まり始めているとのことですよ!

韓国のお盆期間は旅行の値段が格安になる?

東大門以前は、韓国のお盆期間中は旅行代金が格安になることが知られていました。しかし、最近では日本からお盆期間に向けた特別ツアーが組まれていることもあって、以前よりはお高めの傾向にあるようです。

一方、韓国ではこの長期休暇を利用して、海外旅行へ行く方が年々増えているのが現状です。昔は日本と同様に「お盆には実家に帰省する」のが一般的でしたが、韓国の帰省ラッシュや車の渋滞はとても深刻であり、最近では地方に帰らない若い世代の子たちや家族連れが多いです。

そのため、お盆を海外で過ごす方の出国ラッシュも重なり、韓国のお盆期間前後は国内主要の空港が大混雑!チェックインカウンターの手続きに1-2時間かかるということも珍しくなく、とにかく多くの人でごった返している印象です。

また、韓国から日本へ向かう航空券も高くなっている印象です。日本で静かにお盆を過ごしたいという方が増えており、特に京都や北海道あたりがお盆期間の人気観光スポットとなっています。日本ではこの期間、すでにお盆を終えており、平日のため、韓国人からすると日本が一番静かな場所のひとつとも言えますね!