ズッキーニを使った韓国料理ジョンのレシピを大公開!

人気記事

우치さん(@bkoooooooo)がシェアした投稿

日本でも人気の美味しい韓国料理・ジョン

日本でも韓国料理店で食べることの出来るジョン。ジョン…聞いたことないという方、そう韓国のジョンは日本でもお馴染みのあの「チヂミ」のこと!

そこで今回は「ジョン」と「チヂミ」の違いから、家庭で作れる簡単なジョンレシピ、アレンジレシピなどもたっぷりとご紹介していきましょう!

韓国料理「ジョン」と「チヂミ」の違いは?

Yang Kyung Ja~🇰🇷さん(@bluelemon204)がシェアした投稿

日本で「ジョン」というのはあまり聴き慣れないかもしれませんが、「チヂミ」と言われれば誰もが「あー、あれね!」となりますよね。チヂミは日本のお好み焼きに似ているもので、薄い生地に具材がたくさん入っている大人気の家庭料理のひとつです。

では、なぜ「ジョン」と「チヂミ」ふたつの言い回しがあるのでしょうか?実は私たちが普段から耳にしている「チヂミ」は韓国の方言。方言ですが今では標準語になりつつあるそうです。しかし、お母さん世代の方は「ジョン」という呼び名の方が慣れているのかもしれませんね。

ジョンとチヂミは同じ料理?

ということはジョンとチヂミは方言の違いで同じもの。と思いがちですが、ここもまた厳密には違う料理のようです。ジョンは「薄切りした食材に粉と卵をつけて焼いた料理」であり、チヂミは「様々な食材を小麦粉と混ぜて油で平たく焼いたもの」。

そう、私たちがよく食べているチヂミは「ジョン」とは言わず、今回ご紹介する「ジョン」はチヂミとは言わないということです。いまいち違いが分からないという方は「食材に衣が付いているもの」をジョンと覚えておくと分かりやすいと思います。

韓国料理ジョンの具材はズッキーニが定番って本当?

금영미さん(@youngmi_keum)がシェアした投稿

先ほど「チヂミ」と「ジョン」の違いをご説明しましたが、「食材に衣をつけて焼いたもの」がジョンですね。というわけで、ジョンには様々な食材や野菜が使用されます。その代表的な具材が「ズッキーニ」です。

といっても、実はこちらも正確にはズッキーニではありません。韓国では「韓国かぼちゃ」と呼ばれており、見た目こそ日本のスーパーで販売されているズッキーニと同じですが、韓国かぼちゃは火を通すことで柔らかい食感になり香りも強くなく淡泊な味。

韓国かぼちゃは韓国料理の定番食材

衣を付けてサッと焼くだけで柔らかくなるズッキーニはジョンの定番具材。ですが、ジョン以外にも韓国かぼちゃがよく使われている韓国料理があります。それがテンジャンチゲです。味噌チゲという意味のこちらは韓国の食卓に欠かせない、日本で例えるなら味噌汁のようなもの。

サッと火を通すだけで柔らかくジューシーになる韓国かぼちゃはこのようにスープに使われることも多く、新大久保のコリアンタウンなどでも販売されています。ちなみに新大久保では「ズッキーニ」という名前で販売されていますが、こちらも韓国かぼちゃとなりますので注意してくださいね!

ズッキーニを使った韓国料理ジョンのレシピをご紹介!

박정희さん(@jjunghee0325)がシェアした投稿

韓国かぼちゃは近所のスーパーではなかなか手に入りませんよね。そんなときは日本のズッキーニで代用するのもおすすめです。ここではズッキーニを使ったジョンのレシピをご紹介していきましょう!

材料

    • ズッキーニ 1本
    • 卵 1個
    • 小麦粉 適量

作り方

①ズッキーニをキレイに洗い、5ミリ程度に輪切りにしましょう。

②カットしたズッキーニの両面に塩を振り、塩が馴染むように手で押して10分ほど放置します。

③卵をボウルに割り、ほんの少しだけ塩を入れてよくかき混ぜます。

④先ほどのズッキーニから出た水分をキッチンペーパーでよく拭き取ります。

⑤ズッキーニに満遍なく小麦粉を付けます。ボールやバッドに小麦粉を入れて、ズッキーニを入れるとやりやすいですね。

⑥その後、卵液に付けて、熱したフライパンを弱火にし、両面を焼いたら完成です。

ポイント

焦げやすいので弱火でじっくりと焼くようにしましょう。ズッキーニは韓国かぼちゃに比べてクセがあるため、しっかりと塩を振り水気を切っておくことで食べやすくなります。しょうゆに付けたり、そのまま塩で頂いても美味しいですよ。飾りつけに輪切りの唐辛子を付けて焼くと、もっと韓国らしい仕上がりになります。