トッポッキを食べていたらスカウト?!韓国アイドルの事務所入所エピソードを大公開!

人気記事

 

View this post on Instagram

 

EXO Officialさん(@weareone.exo)がシェアした投稿

K-POPアイドルの入所エピソードが面白すぎる!

韓国には数えきれないほど、芸能事務所がありますね。特にSMやYGなど大手事務所はオーディションだけでなく、街でスカウトも頻繁に行っていることで知られています。

今回は人気の韓国アイドルの中から、事務所への入所きっかけがちょっと変わっているという方々をご紹介していきたいと思います!

トッポッキを食べていたスカウトされたEXOセフン

 

View this post on Instagram

 

EXO Officialさん(@weareone.exo)がシェアした投稿

まず初めにご紹介するのは、韓国のトップアイドルグループであるEXOのセフンです。スラリとした長身のセフンはEXOの中でも特にイケメンとして人気があります。

セフンの事務所入所は別名「トッポッキ事件」と呼ばれているのをご存知ですか?小学生の頃、路上で屋台のトッポッキを食べていたところSMエンターティメントの事務所スタッフが声をかけました。

しかし、まだまだ純粋な小学生だったセフンは両親から日頃「知らない人に着いていってはいけない」「知らない人から何かをもらったり、あげることもダメ」と厳しくしつけられていました。

そのため事務所スタッフが名刺を渡そうとするも、なんと30分もの間逃げ回っていたそうです!今でこそ笑えるエピソードですが、確かに子供の頃はそういったしつけをされているのが一般的ですよね。

ガールズグループのオーディションを受けた2PMウヨン

 

View this post on Instagram

 

OonWoomieさん(@arunsinee)がシェアした投稿

お次は現在、入隊中の2PMのメンバー・ウヨンです。ウヨンはオーディションを受けてJYPエンターティメントに入所していますが、実はこれがちょっぴり変わっていたのです。

ウヨンは歌手を夢みてJYPのオーディションに参加しましたが、そのオーディションはなんとワンダーガールズのメンバーを決めるオーディション!そう、ガールズグループのオーディションだったんです。

さらに驚くことに、このことをウヨンは事前に知っていたのだとか。でも、どうにかなるだろう!とオーディションを受け、当日ウヨンを見つめる審査員の冷ややかな目線は今でも忘れることが出来ないのだとか。

結局、その後JYPの公開採用オーディションに合格し、見事JYP入り、そして2PMとしてデビューを果たしています。

バドミントンで遊んでいた東方神起チャンミン

 

View this post on Instagram

 

@changmin88がシェアした投稿

日本で絶大な人気を誇っている東方神起。ちょっぴり毒舌なことで有名なチャンミンもまた、変わったエピソードの持ち主です。

チャンミンは学生時代、学校でバドミントンを楽しんでいたところその姿が事務所関係者の目をキャッチ!そこからスカウトされ、オーディションを受けてSMエンターティメントに入ったのだとか。

なぜ事務所関係者が学校に居たのかは分かりませんが、若いアイドルを発掘するために事務所スタッフも奔走しているのかもしれませんね。

焼き鳥を食べていたら…ワナワン・ファンミニョン

 

View this post on Instagram

 

Wanna One|Dniさん(@wanna1._trash)がシェアした投稿

クールな見た目を一重まぶたがセクシーなWannaOneファンミニョン。今、大人気のグループですね!

ファンミニョンは学生時代、学校帰りに友達と焼き鳥を食べていたところスカウトをされました。焼き鳥というところがなかなか渋いですが、今では焼き鳥に感謝していると述べています。