パク・ユチョン出演ドラマを調べてみた!

パク・ユチョン

パク・ユチョンとは

2004年に東方神起のメンバーとしてデビューし、現在はJYJのメンバーとして活躍するパク・ユチョン。歌とダンスのスキルが抜群なことは広く知られていますが、実は俳優としての実力も高く評価されています。

2010年に東方神起を脱退したことを機に俳優業に力を入れるようになり、アイドルから本格派俳優と呼ばれるまでになりました。

そこで今回はパク・ユチョンがこれまでに出演したドラマをまとめてみたいと思います。

【関連記事】

1.トキメキ☆成均館スキャンダル

トキメキ☆成均館スキャンダル

2010年に放送された「トキメキ☆成均館スキャンダル」は、パク・ユチョンのドラマ初出演作品であり、初主演作品でもあります。

病弱な弟の代わりに男装して女子禁制の名門校「成均館」に入学したヒロインとイケメン学生たちが繰り広げる恋と友情を描いた物語です。

このドラマでユチョンはヒロインに惹かれていくエリート学生を演じたのですが、ドラマ初出演とは思えないほど自然な演技でファンを驚かせました。また、時代劇の衣装もとても似合っており、多くの女性の心を鷲掴みにしました。

ちなみに、準主役を務めたソン・ジュンギ、ユ・アインもこの作品でブレイクしました。

ストーリー展開は日本の人気ドラマ「花ざかりの君たちへ」と「花より男子」を合わせたような感じで、胸キュンしたい人にはおすすめの作品となっています。

2.ミス・リプリー

ミス・リプリー

2011年に放送された「ミス・リプリー」は“逃げられない愛”をテーマにした作品で、ユチョンは“ユタカ”という日本名をもつ主人公を演じました。ドラマ内で流暢な日本語を披露したことでも話題となりました。

ただ、視聴率はそこそこ良かったもののドラマ自体の評判があまり良くなくて、批判の声も多く聞かれました。

3.屋根部屋の皇太子

屋根部屋の皇太子

2012年に放送された「屋根部屋の皇太子」は朝鮮王朝の皇太子が現代にタイムスリップして現代の女性と恋に落ちるというファンタジーラブコメディーです。

笑いあり涙あり胸キュンありの素敵な作品で、とても見応えのあるドラマです。「ユチョンのツンデレが可愛い!」という声もたくさん聞かれました。