ナム・ボラの兄弟が自殺?家族や整形や熱愛彼氏について調べてみた!

ナム・ボラ韓国ドラマ「栄光のジェイン」や映画「サニー」で人気を集め、大人気ドラマ「太陽を抱いた月」でキム・スヒョンが演じる主人公の妹役を演じ、演技力の高さも認められた女優ナム・ボラ。

目が大きくて、可愛らしくて、誰もが認める「美しさ」。しかし、彼女の笑顔の裏には最愛の弟の死や、家族内での人知れない苦労など、さまざまなこと秘められているようです。そして、そんな彼女を支える愛する人の存在も。

今回は女優ナム・ボラのプロフィールと共に、家族や熱愛彼氏の話、また気になる整形疑惑について迫ってみようと思います!

ナム・ボラの年齢や身長は?

ナム・ボラ本名ナム・ボラ。1989年11月27日生まれのB型。現在は29歳(韓国の数え歳)ですね。身長は165cmと、スラッとしています。名門・梨花女子高校を卒業後、同徳女子大学・公演芸術大学院放送演芸科で学士を授与されています。

性格は“元気でハツラツとしている”という彼女。ドラマでの役どころも、元気で口数が多いけど、どこか憎めない末っ子を演じることが多いようです。また、その明るい性格から、共演者ともすぐに打ち解けられるようで、以前の共演者キム・ヨングァンやイ・スヒョク、カン・ソラやキム・スヒョンなどとも交流があるそうです。

ナム・ボラの家族や兄弟

ナム・ボラナム・ボラは2005年、自身が高校生の頃に11人兄弟の長女として出演したバラエティ番組がきっかけで、芸能プロダクションからスカウトされました。そして翌年ドラマ「笑顔で振り返って」で女優デビューしたという、異例の経歴を持っています。

当時、炭火焼レストランを経営していた両親と共に11人の兄弟で暮らしていたナム・ボラ。自分の休日には両親のレストランを手伝い、生活費を節約するために、芸能人になってからも移動が地下鉄だったという彼女。そんな芸能人らしくない一面が話題となり、視聴者からの注目を浴びました。

その後、新たに2人の弟が増え、現在は男8人女5人の13人兄弟の長女(長男は年上)となりました。日本と同じく少子化が進む韓国で13人兄弟はすごいですよね!ちなみに、全員がご両親の実子だというので、さらに驚きです。

しかし、家族が多いために生活が苦しい事実もあるようで、ご実家の部屋は3部屋のみ。ご両親が生活する部屋、男兄弟の部屋、女兄弟の部屋。このように分かれているそうです。デビュー以降、キム・ボラは一人暮らしを始めましたが多くの兄弟と一緒に育ったためか「ひとりの時間に耐えられない」と、結局実家のすぐ隣に家を借り、毎日実家に通っていると告白。

また、まだ幼い兄妹も多い中「少なくとも弟たちには大学を卒業して欲しい」と、兄弟の学費を自分の給料から援助しているそうです。

ちなみにアイドルグループ「BOYFRIEND」のメンバー・ミヌとは親戚関係で、ボラは叔母にあたります。

ナム・ボラの弟が自殺

ナム・ボラ2015年12月28日、ナム・ボラの弟が自殺したことのニュースが報じられました。たくさんの兄弟がいるナム・ボラ。何番目の弟が自殺を図ったのかは明らかにされていません。

また、まだ幼い兄妹がいるため「兄弟全員には、この事実を知らせていない」と発表。合わせて「遺族のために、度を越えた関心や悪意的な憶測は自制して欲しい」と事務所が公式コメントを出しました。普段から兄弟に対して、格別な愛情を降り注いでいたというナム・ボラ。深い悲しみの中、ずっと葬儀場を守っていたとのことです。