韓国女優 韓国芸能人

ナム・ボラの兄弟が自殺?家族や整形や熱愛彼氏について調べてみた!

2017年4月29日

ナム・ボラは整形している?

ナム・ボラこちら右が、ナム・ボラ整形疑惑と話題になった一枚です。左がそれまでのナム・ボラ。

目が大きくなっているような気もしますが、事務所は「これはグラビア撮影中に撮影されたセルフショット。普段とは違うスモーキーメイクや照明などが重なり、いつもと違う感じに映った。決して整形したわけではないので、誤解をしないでほしい」と整形疑惑を否定。

そして、その数日後、再びSNSへ写真をアップしたナム・ボラ。この際は、普段私たちが見慣れているナム・ボラそのままでした。

ネットユーザーらによると、どうやら流行りのスマートフォンアプリを使って目を大きくしたり、顎を削ったのでは?という意見が多かったです。実際、日本でもスマートフォンアプリやプリクラなどで、実物とはちょっと違う“整形加工”ができるような物を多く見かけますよね。また、カラーコンタクトやメイクひとつでも変身出来るのが、女性の特権でもあります。

ちなみに、こちらは学生時代のナム・ボラ。

ナム・ボラ

面影が残っていますが、いかがでしょうか?韓国では「無整形美女」(どこも整形していない美女)とまで呼ばれている彼女であり、またデビュー前からテレビにも出演していて、視聴者はよく顔を知っているはず!どうやら整形はしていないようですね。

ナム・ボラの熱愛彼氏 1人目はパク・ソジュン


 

ドラマ「キルミー・ヒールミー」や「彼女は可愛かった」、また最近ではファンタジー時代劇「花郎(ファラン)」などに出演し、今、大人気の若手俳優であるパク・ソジュン。

2012年に「ナム・ボラとパク・ソジュンは、すでに1年近く交際を続けている」と、熱愛報道が出ました。また「二人は芸能界の同世代の友人たちとの集いをたびたび開き、その中で恋人に発展したようだ」と合わせて主張。

しかし、両者の所属事務所は「熱愛報道?話にならない。事実無根」と、きっぱり否定!実際、ナム・ボラが出演していた映画「サニー」で共演したパク・チンジュがパク・ソジュンと大学の同期であるという繋がりから、何度か会ったことはあるようですが、それは大勢の集いであり、個人的な関係は一切なかったそうです。

ナム・ボラの熱愛彼氏 2人目は財閥二代目の御曹司

ナム・ボラ2016年2月15日、バレンタインデーの翌日に、とある財閥の御曹司との熱愛が発覚したナム・ボラ。知人の紹介で知り合い、すでに3年間の交際を続けているとし、ソウル市内のショッピングモールにて手をつなぎ、仲睦まじく歩く姿が激写されました。

しかし、報道があった直後、事務所は「昨日のバレンタインデー(写真が撮られた日)に会っていたことは事実だが、もう恋人関係は解消している。今朝、別れた」と公式コメントを発表。

さすがに驚きますよね?前日のバレンタインデーで手を繋いで歩いていたカップルが、翌朝に破局。しかも、公式コメントが出たのが午前10時頃だったので、それより前に別れたというのが事務所のコメントだったのです。さすがに、これにはネットユーザーたちも笑ってしまい、誰も信じないという事態が発生。

この事態に対して、再び所属事務所は「多くの方々がナム・ボラ熱愛説に続いて、突然の決別を信じていないようだ。そんな、まさか。と思っている方もおられるようです。しかし、信じて頂きたいです」とコメントを発表。

整形疑惑の時も同じく、すぐに否定コメントを発表した事務所。この「ひとつひとつ、すぐに否定のコメントを発表する」というのが、ネットユーザーからすると逆に「わざわざ否定するなんて、ちょっと怪しくない?」と、感じさせてしまうのかもしれませんね。

ちなみに“財閥の御曹司”と、日本でも報道されていたお相手の方。一体、どこの御曹司なの?と、気になったので韓国のネットを利用し、調べてみました!どうやら、ナム・ボラの熱愛彼氏であると報道され「チェさん」は韓国の有名大企業であるS物産という会社社長(建設部門社長)の次男だそうです。

こちらのS物産建設部門社長さんの年俸は推定21億円と言われており、お祖父様は官職に就いていた“富と名誉を兼ね備えた名家”とのこと。息子であるチェさんもお金持ちであるのは間違いなさそうですね。

これにより、「彼氏と言いながら、本当は(お金を援助してくれる)スポンサーなのでは?」という悪質ユーザーのコメントも多かったというナム・ボラ。しかし、デート写真を見る限り、特別華やかな服装もしておらず、写真を撮られているのがデパートや高級レストランではなく、ショッピングモールという点から、いわゆる“お金目当て”ではなく、真剣に交際をしていたようです。

また、現在はすでに破局しており、熱愛彼氏はいないということも明らかになりました。

大家族の一員として、家族を支えているナム・ボラ。弟の自殺や自身の破局なども乗り越え、また女優として、今後もっと活躍してくれることを願っています!

© 2021 K-Channel