韓国料理・グルメ・食べ物

韓国伝統酒「マッコリとは」がすべてわかる!美容効果も期待のお酒を徹底解説!

「マッコリ」とは韓国を代表とする伝統酒

韓国で伝統酒として愛され続ける「マッコリ」とは、米や小麦に麹と水をまぜて発酵させたアルコール飲料。

最も歴史の古いにごり酒の一種で、高麗時代(918~1392年)には原型となるお酒が造られていました。

もともと伝統的なお酒の沈殿物に、水を混ぜて飲まれたことが始まりとされています。

また、農作業の際に水代わりとして飲まれていたことから、農酒「농주 ノンジュ」とも呼ばれていました。

「マッコリ」はハングル表記で「막걸리(マッコルリ)」。

語源は「막 マッ」(粗雑に)+「거르다 コルダ」(濾す) からきており「粗く濾した酒」という意味を持ちます。

その見た目から、にごり酒「탁주(タッチュ)」ともよばれ親しまれています。

今回は、そんな伝統的なお酒である「マッコリ」がどんなお酒なのか、マッコリ大好きな筆者が徹底解説します。

マッコリの特徴から、飲むことで得られる効果、さらにはおいしい飲み方についてもご紹介!

「マッコリ」の魅力を見逃さないように、最後まで見ていきましょう!

 マッコリの特徴を知ろう

まず、ここではマッコリを実際に飲む前に知っておきたいマッコリの特徴をご紹介します。

マッコリはどんな原料で作っているのか、アルコール度数やカロリー、またどんな味なのか気になりますよね。

また、よく似ているといわれている日本のどぶろく酒との違いについても合わせてチェックしてみましょう!

マッコリの原料と作り方

マッコリの主な原材料:米、麦、豆類、小麦粉、ジャガイモ等の穀物など

作り方は、まず原材料を蒸してから乾燥させ、麹と水を加えて発酵させます。そのあとに、固形物を簡単につぶし濾して作られます。

いたってシンプルな作り方なため、原料が生かされるお酒ですね!

アルコール度数は5~6%

マッコリの平均アルコール度数は5~6%程度

日本のお酒でいうと、缶チューハイが4~6%と同じくらいの度数なので、イメージしやすいですね。

韓国のほかのお酒と比べるとどうでしょうか?

  • 焼酎(소주/ソジュ):17~20%
    韓国で親しまれている焼酎のアルコール度数は17~20%です。焼酎もマッコリと同じくらいドラマに登場するほど人気なお酒です。
  • ビール(맥주/メッチュ):4.5~5%
    韓国ビールのアルコール度数は4.5~5%です。マッコリと同じくらいと言えますね。

ソジュはかなりアルコール度数が高いのですが、ビールと比べるとマッコリは同じくらいのアルコール度数と言ってもいいでしょう。

韓国で人気の酒焼酎の種類や度数は?!飲み方は小さなグラスで一気!

続きを見る

しかし、マッコリは適度なアルコール度数だからといって飲みすぎると…二日酔いで大変なことに!

これは、二日酔いの原因といわれている「アセトアルデヒド」がビールやソジュよりも多く含まれているから。そのため、マッコリは二日酔いがひどいとよく言われるのです。

飲みやすいお酒ではありますが、飲みすぎには注意しましょう!

カロリーは一本(750ml)248kcal

マッコリのカロリーは一本(750ml)あたり248kcal、一杯(150g)あたり70kcalです。

原料からカロリーが高そうにも思えますが、実は低カロリーなのです。

ここでも、韓国のほかのお酒と比べてみましょう!

  • 焼酎(소주/ソジュ):一本(360ml)あたり397kcal
  • ビール(맥주/メッチュ):1缶(500ml)あたり240kcal

マッコリはカロリーが低いだけではなく、食物繊維が豊富なので満腹感をあたえてくれます。

これならダイエット中の方でも気にせずお酒が楽しめますね!

韓国ビール
ビールは韓国語で【맥주メッチュ】 旅行でそのまま使えるフレーズを覚えよう!

続きを見る

マッコリの味はすっきりした甘味が特徴的

マッコリは、甘酒やカルピス、ヨーグルトなどの乳酸飲料のような酸味とすっきりした甘味が特徴です。

まろやかで口当たりがよく、微炭酸でのど通りがいいため、とにかく飲みやすい!女性に人気なのもよく分かります。

アルコールも控えめで後味もすっきりしているため、お酒があまり得意ではない私でもおいしく飲むことができました。

日本のどぶろく酒との違い

マッコリは日本でいう「どぶろく酒」と似ているように思いますが、何か違いはあるのでしょうか?

どちらも「醸造酒」と同じカテゴリーに入り、双方ともに見た目や味わいはとても似ています。

しかし、原料やアルコール度数からみてみると以下のような違いがありました。

【原料や作り方】
どぶろくの原料は、基本的に米だけを使用して作られ、それに対しマッコリの原料は、米の他にもジャガイモやトウモロコシなどが使用されています。

また、最終的に原料を濾過するのがマッコリで、濾過しないのがどぶろくの特徴となります。

【アルコール度数】
マッコリの平均アルコール度数は5~6%ですが、日本のどぶろく酒の平均アルコール度数は15~16%と高め。

発酵の度合いによって変化があるものの、日本酒と同じくらいの度数があります。

どちらも似ているお酒ですが、原料、製造過程の微妙な違いがあることが分かりました!

アルコール度数はかなり異なるため、飲むときには覚えておきたいですね。

次のページへ >

© 2022 K-Channel