グルメにアトラクションまで盛りだくさん!絶対に行きたい韓国「漢江夏まつり」とは?

정세율さん(@seyool)がシェアした投稿

 韓国を代表する川「漢江(ハンガン)」

ソウルの中心部を流れる川「漢江」は、ソウル市民の水源であると同時に、ソウル市民の憩いの場として、大事な役割を担うスポットでもあります。またソウル市民だけでなく、私たち外国人観光客の旅コースとしても、必須な定番コースとして人気を得ています。

漢江の全長は514.4キロメートル、流域面積は2万6279平方キロメートル。朝鮮半島では、鴨緑江、洛東江に次続く第三の河川として知られています。漢江は、太白山から流れてくる南漢江と、北朝鮮の金剛山から流れてくる北漢江とつながっています。

今回はここ漢江で夏に開かれるビッグなイベントをご紹介!外国人観光客も楽しめること間違いなしの漢江夏まつりをご紹介していきましょう。

【関連記事】

漢江夏まつりってどんなイベント?

漢江夏まつりは、3つのテーマから構成された80以上のイベントが楽しめるソウル市内最大の夏まつりです。漢江は距離が長いため、川沿いにずーっとイベントが並んでいると想像して頂けるとわかりやすいと思います。

子供から大人まで楽しめるイベントは、朝から夜まで開催されており、映画鑑賞やグルメを楽しむことはもちろん、水遊びやアトラクション、自転車レースなど様々なイベントに参加することが可能です。

特にチケットが必要のないイベントもありますが、マラソンやレースなどと言ったイベントには有料のチケットが必要で、事前予約も必要となります。詳しくはこちらをご覧ください→漢江夏まつり公式サイト

イベント一番人気は「橋の下の映画祭」

오무さん(@fibrang)がシェアした投稿

韓国人が好きなことのひとつと言えば「映画鑑賞」。日本人より映画に関心が高く、子供から大人まで、みんな映画が大好きなんです。

7月22日(土)〜8月19日(土)の期間中、漢江にかかる4箇所の橋の下で行われる映画鑑賞会が人気のイベントのひとつ!暑い夏、涼しい橋の下で映画を楽しめるなんて夢のようですよね。

会場によって椅子が用意されていたり、階段に座って映画鑑賞を楽しむことができ、飲食物の持ち込みはもちろんOK!中にはカップルで膝枕をしながら映画を楽しんでいる方も多いんですよ。