韓国の写真館はすごすぎる!スタジオでチマチョゴリやウェディング姿を撮ってみよう

写真を撮ることが大好きな韓国人

韓国人は一般人もアイドルもとにかく写真を撮ることが大好きです。自分の写真はもちろん、景色や食事、とにかくことあるごとに写真を撮りまくり「今、なんの写真撮ってたの?」と感じることも少なくありません。

特に日本でも定番となった「自撮り」や「自撮り棒(セルカ棒)」は、全て韓国が発祥と言われており、それだけ写真を撮ることが好きということがうかがえますね!

最近では、芸能人顔負けのウェディング写真やカップル写真を撮る方も多く、筆者も以前韓国の街中で大々的な撮影に遭遇。あまりの人だかりに芸能人かと思って見てみたら、完全なる一般人のウェディング撮影だったことがあります。

そこで今回は写真好きの韓国では当たり前の風習である「写真館」にスポットを当て、人気の写真館や気になるお値段、写真館の情報などをお伝えしていきたいと思います。

【関連記事】

韓国の写真館で外国人にも人気のチマチョゴリ!

韓国らしい衣装と言えば、やはりチマチョゴリですよね!日本では着物や浴衣での撮影が人気だそうですが、韓国ではやはりチマチョゴリが大人気。

チマチョゴリは昔より着る機会が少なくなったと言われており、子供の結婚式で着る母親くらいしか最近では見かけなくなりました。しかし、その伝統的な衣装も写真館なら楽しめます!

また、景福宮などの観光名所では「チマチョゴリを着用していれば入場料が無料」ということもあって、最近では韓国でもカップル同士でチマチョゴリを着て楽しんだり、日本人の方がチマチョゴリを着て仁寺洞周辺を散策している姿もよく見受けられます。

旅行での思い出にはもちろん、家族で韓国を訪れた際に家族でチマチョゴリを着て写真に残すのもおすすめですよ!

韓国ウェディングの定番と言えば写真館での撮影!

「人気俳優の〇〇さんが結婚撮影のため、〇〇へ出国」こんなニュースを見たことはありませんか?そう、韓国では結婚の写真はかなり重要なものであり、海外までウェディングフォトを撮影しに行く方も珍しくありません。もちろん、これは新婚旅行ではなく「写真だけを撮りに行く」というので驚きですよね!

韓国の写真館で撮影できる結婚式用のウェディングフォトも、とにかくおしゃれなことで有名です。そのため、最近では日本人カップルが韓国の写真館で撮影をしたり、韓国の写真館が日本にオープンしているんですよ。

日本では新婚のうちは、写真立てにウェディングフォトを飾る方も多いですが、子供が出来たりすると家族写真へと変わり、そのうち子供だけの写真になることも多いですよね。

しかし、韓国ドラマでもよく見られるように、韓国ではウェディングフォトをかなりのサイズに伸ばして現像してもらい、寝室に飾るのが鉄則!家に夫婦の写真を何も飾ってないなんて離婚しているも同然!結婚してから毎年、写真館へ写真を撮りに行くというのもごく当たり前の習慣になっています。