韓国人気の観光スポットで限定グルメを楽しもう!仁寺洞でしか食べられない絶品グルメをご紹介!

ロマンを感じられる街・仁寺洞(インサドン)

景福宮や明洞からほど近く、昔ながらのロマン溢れる雰囲気が漂う人気の観光スポット・仁寺洞。特に外国人観光客から人気のこの街には、メインストリートを中心に美味しいグルメがたくさんあることでも有名です。

そこで今回は仁寺洞でおすすめの絶品屋台グルメをご紹介!お店は仁寺洞メインストリートまたは、明洞方向へ続く大通り沿いに出ていますので、散策ついでにチェックしてみてくださいね。

【関連記事】

北村工場のジャガイモコロッケ

じゃがいもがたっぷりのサクサクコロッケ!こちらは連日行列が絶えないほどの大人気店です。でも、なぜコロッケ?と思った方もいるのではないでしょうか?

私たち日本人は子供の頃から家庭で食べる定番のおかずとしてコロッケを食べてきましたよね。しかし、韓国の家庭では自宅で揚げ物をすることはほとんどなく、むしろコロッケを手作りする家庭はないに等しいんだとか!

そのため、韓国の若者たちはコロッケ=屋台グルメとして認識していて、人気の食べ歩きフードのひとつになっているそうですよ。

散策にぴったりのレモネード

仁寺洞周辺はそんなに街自体が広くはないものの、午前中から夜までかなりの人で賑わいを見せています。特に週末にはメインストリートを歩くのも疲れるほど・・・。そんな時にはさっぱりとしたレモネードがおすすめです。

仁寺洞メインストリートにあるカフェや屋台でも、ほとんどのお店でレモネードを提供していて、韓国ではスターバックスにもレモネードがあるほど定番のドリンクのひとつ。暑い夏にぴったりの爽やかなドリンクですよ!

サクサクの新食感クレープ

韓国のクレープは、日本とちょっと違い「ヌテラクリーム」というチョコレートクリームとフルーツやコーンフレークなどが入ったものが以前までは主流でした。しかし、近年日本の有名クレープ店が韓国で大当たり!今では私たちと同じようにクレープ=生クリームとフルーツという認識になっています。

ここ仁寺洞にあるクレープ屋台は昔ながらのコーンフレークやヌテラクリームを使ったシンプルなもの。サクサクとした食感は日本人には新しい感じがして、面白いかもしれませんよ。

行列の出来るトンパン

こちらもソウル市内のあらゆる繁華街でよく見かけるトンパン。トンパンとは・・・写真を見て頂けたらわかりますよね?なぜ食べ物にあの形を?と思いますが、味はとても美味しいですよ!

最近ではチェーン店も増えているので、駅構内やデパ地下でも購入することが可能です。中はクリームやあんこなどが入っており、日本のたい焼きにとても似ています。