韓国のスーパーには何種類のキムチが置いてあるか調べてみよう!

デパ地下

韓国と言えばキムチ

韓国の代表的な食べ物、キムチ。今は韓国だけではなく、日本でもおかずとして欠かせない食べ物になりました。体にも良いキムチですが、韓国には様々なキムチの種類があること、皆さんはご存知ですか?

今回は韓国で一般的に食べられているキムチについて調べ、みなさんにご紹介したいと思います!

【関連記事】

キムチは色んな種類がある?白菜キムチ

キムチ

まずは、白菜キムチです。韓国では最も一般的なキムチです。

日本で売っているキムチは食べやすく切っておりますが、白菜キムチは白菜をそのまま使うことが特徴です。しかし、同じ白菜キムチでも地方によって違いがあり、一般的に北側は辛くない、南側はしょっぱくて辛いです。

韓国料理にはこの白菜キムチを食材として使う料理が多いので、最も人気があるキムチのひとつです。

水キムチ

ナバクキムチ

大根、白菜をメイン材料にし、汁がたっぷり入っているキムチです。どんな季節にも食べられますが、やはり夏に最も人気です。

この水キムチは塩辛を使わないのが一般的ですので、あまり辛くないです。そして、さっぱりした味なので、チヂミなどともよく似合うキムチです。

白キムチ

白キムチ

こちらの白キムチは、その名前の通り、唐辛子の粉を使いません。基本、醤油ににんにく、生姜を入れ、発酵しますので、辛くないです。

そして、スープの味が香ばしいのが特徴です。韓国ではお餅やお肉を食べるとき、よく食べられます。

カクテキ

カクテキ

カクテキは、大根を使ったキムチです。見た目が赤いので、辛いイメージがありますが、かなりさっぱりした感じのカクトゥギが多いです。

そして、大根の茎、白菜の葉などを一緒に入れて作ると、より豊かな味が出ます。韓国では、スープ料理のおかずとして、よく食べられます。例えば、ソルロンタン、サムゲタンなどの料理と相性がとても良いです。

チョンガキムチ

チョンガキムチ

チョンガキムチは、白菜キムチ、カクテキの次によく食べられるキムチです。普通の大根より小さいアルタリ大根という食材を使い、完全に発酵する前に食べます。

ちなみに、葉だけを切り、そうめんや冷麺などに入れて食べる場合もあります。大根を使ったキムチが好きな方は、是非召し上がっていただきたいキムチです!