チン・セヨンは可愛いけど整形?熱愛彼氏についても調べてみた!

チン・セヨン02

清純で真面目なイメージを持つチン・セヨン。

デビューのころは少女時代のユナに似ていると話題になりました。

2009年にデビューし、出演するドラマでは可憐な女性を演じ、常に前向きな役が多いですね。

2016年には「獄中花」で主役を演じ、ベテランの女優へと成長しています。

人気が出るようになると、整形や熱愛について騒がれるのはしかたがないですね。

チン・セヨンについて調べてみました。

チン・セヨンのプロフィール

街でスカウトされたのがきっかけで芸能界に入ったチン・セヨン。

2009年にはCMに登場し、少女時代のユナに似ていると注目されました。

実際、ユナが所属している芸能事務所SMエンターテインメントからオファーがあったようです。

デビュー作「大丈夫、パパの娘」では、お金持ちの娘役を演じました。

その後、2011年の映画「ホワイト」でスクリーンデビューをし、同じ年のドラマ「私の娘 コンニム」では主演に抜擢されました。

このドラマで、苦労しながら懸命に生きる女性コンニムを演じ、一躍有名になったチン・セヨンです。

その後2012年の「蒼のピアニスト」では大人の恋を演じ、12歳年上のチュ・ジフンとのキスシーンは話題になりました。

2014年の「ドクター異邦人」ではイ・ジョンソクと共演し、北朝鮮人の役を1人2役で演じました。

当時20歳だったチン・セヨンですが、どうどうとした演技で、20代後半の女性麻酔医を演じた姿に、まったく違和感はありませんでしたね。

2016年には「獄中花」で主役のオクニョを演じました。

監獄で育った1人の女性がいろいろな出来事や苦難を乗り越え成長していくという、チン・セヨンにぴったりの役を演じています。

性格はドラマと同じ、真面目な努力家

チン・セヨン03

チン・セヨンの目標とする女優はハ・ジウォン。

どんな時も一生懸命に努力して、どんな役でもこなせる演技者になりたいと語っています。

そしてバラエティ番組に出演したチン・セヨンは、恋愛経験がないことを明かしました。

学生時代に恋愛は20歳を過ぎてからにすると母親に約束したそうです。

この約束を守るために、自分に興味を持っているらしい男性には、自ら距離をあけていたようです。本当に真面目ですね。

もう20歳を過ぎたので、そろそろ恋愛の噂が出てもいいと思うのですが、未だ聞いたことがありません。

韓国では、ドラマで共演するとその後、熱愛の噂が出るのはよくあることですが、チン・セヨンに限っては例外のようです。

彼氏がいたことがないので、初めてのキスの相手もドラマの共演者イ・ジフンでした。

初恋の人と結婚したいと言うチン・セヨン。

自分は愛嬌の多い方ではないので、今後もドラマの中で恋愛を勉強していくと真面目に語りました。

泥沼劇に巻き込まれた事件

キム・ヒョンジュン

2015年にキム・ヒョンジュンの浮気相手がチン・セヨンであると悪質なデマが流れました。

キム・ヒョンジュンの元恋人が、キム・ヒョンジュンに浮気をされ、さらに暴行をされたと訴えたものでしたが、その浮気相手がチン・セヨンであると報道が流れました。

当時、キム・ヒョンジュンとチン・セヨンがベッドで寝ているような写真が出たのですが、これはドラマ「感激時代~闘神の誕生」で2人が上半身裸に見えるような設定でキスシーンを演じたことから、そんなデマが流れたようです。

その後、この事件は訴えた元恋人の勝訴に終わり、キム・ヒョンジュンは莫大な慰謝料を支払いましたが、全く関係のないチン・セヨンにとっては、大いに迷惑な話ですよね。

整形前?の写真は今と変わらない

チン・セヨンデビュー前

チン・セヨンのデビュー前の写真がネット上に出ました。

清純な優等生のようなイメージで、街でスカウトされるのも納得です。

これを見たユーザーの意見は、チン・セヨンは整形していないと答える人が多かったようです。

確かに現在のほうが目鼻立ちははっきりしていますが、化粧の仕方で変化したように見えるのかもしれません。

鼻も違和感もなく、自然な形をしていますね。

世間から注目され、だんだん綺麗になっていくと、整形したと噂されるのは韓国の芸能人ならよくあることです。

財閥の娘と噂される

デビュー後にすぐに主役に抜擢されたことや、デビュー作が財閥の娘役だったことからチン・セヨンは財閥の令嬢だと噂が流れました。

それに対してバラエティ番組の中で、「確かに主役になるまでの時間は早かったけれど、それまでに子役や脇役も演じています。ただ、他の女優さんより運は良かったのかもしれない」と語りました。

実際にはチン・セヨンの家庭は平凡なようですが、体からあふれ出る気品さは財閥の娘と言われてもおかしくないですね。

両親の愛情たっぷりに育ったことは彼女の真面目な性格を見てもわかります。

ドラマの中だけの彼氏

チン・セヨン イ・ジョンソク

彼氏がいたことがないチン・セヨンにとっては、ドラマで共演する相手が彼氏でした。

「私の娘 コンニム」ではチェ・ジニョクと共演し、キスシーンでは緊張で固まってしまい何度もNGを出していたようです。

「蒼のピアニスト」では、チュ・ジフンが相手役でしたが、12歳年上ということもあり、常にリードしてくれて、頼りにしていました。キスシーンの後、撮影した動画を見たチュ・ジフンがチン・セヨンに綺麗だったと言ったようです。大人の男性ならではの配慮ですね。

「ドクター異邦人」ではイ・ジョンソクが相手役でした。

若手人気俳優イ・ジョンソクとの濃厚なキスシーンは女性の間で嫉妬と羨望の的になりました。

放送後に共演したイ・ジョンソクとパク・ヘジンについてインタビューに答えたチン・セヨンは、どちらかを選べといわれたらいたずらっ子のイ・ジョンソクより、落ち着いているパク・ヘジンがいいと答えました。イ・ジョンソクがいいと答えたらネットが炎上してしまうかもしれませんね。

自分だけを見てくれる優しくて、落ち着いた男性が理想のようです。

チン・セヨンとコ・ス

昨年「獄中花」で共演したコ・スなど理想に近いのではないでしょうか。

もしかしたら、2人の熱愛報道は流れるかもしれませんね。

 

チン・セヨンは昨年、演劇「クローザー」で、ストリッパー役で舞台に上がりました。

今まで演じた清純な役ではなく、いろいろな演技に挑戦したいと語ります。

今後はセクシーな大人の女優として活躍する姿も見られそうです。