→ココでしか見られない韓流ドラマが31日間無料

韓国女優 韓国芸能人

チン・セヨンは可愛いけど整形?熱愛彼氏についても調べてみた!

2017年3月30日

泥沼劇に巻き込まれた事件


 

2015年にキム・ヒョンジュンの浮気相手がチン・セヨンであると悪質なデマが流れました。

キム・ヒョンジュンの元恋人が、キム・ヒョンジュンに浮気をされ、さらに暴行をされたと訴えたものでしたが、その浮気相手がチン・セヨンであると報道が流れました。

当時、キム・ヒョンジュンとチン・セヨンがベッドで寝ているような写真が出たのですが、これはドラマ「感激時代~闘神の誕生」で2人が上半身裸に見えるような設定でキスシーンを演じたことから、そんなデマが流れたようです。

その後、この事件は訴えた元恋人の勝訴に終わり、キム・ヒョンジュンは莫大な慰謝料を支払いましたが、全く関係のないチン・セヨンにとっては、大いに迷惑な話ですよね。

整形前?の写真は今と変わらない

 

この投稿をInstagramで見る

 

jinseyun_fanpageさん(@_jinseyeon_fan)がシェアした投稿 -


チン・セヨンのデビュー前の写真がネット上に出ました。

清純な優等生のようなイメージで、街でスカウトされるのも納得です。

これを見たユーザーの意見は、チン・セヨンは整形していないと答える人が多かったようです。

確かに現在のほうが目鼻立ちははっきりしていますが、化粧の仕方で変化したように見えるのかもしれません。

鼻も違和感もなく、自然な形をしていますね。

世間から注目され、だんだん綺麗になっていくと、整形したと噂されるのは韓国の芸能人ならよくあることです。

財閥の娘と噂される

デビュー後にすぐに主役に抜擢されたことや、デビュー作が財閥の娘役だったことからチン・セヨンは財閥の令嬢だと噂が流れました。

それに対してバラエティ番組の中で、「確かに主役になるまでの時間は早かったけれど、それまでに子役や脇役も演じています。ただ、他の女優さんより運は良かったのかもしれない」と語りました。

実際にはチン・セヨンの家庭は平凡なようですが、体からあふれ出る気品さは財閥の娘と言われてもおかしくないですね。

両親の愛情たっぷりに育ったことは彼女の真面目な性格を見てもわかります。

ドラマの中だけの彼氏

 

この投稿をInstagramで見る

 

진세연さん(@jinseyun.go)がシェアした投稿 -


彼氏がいたことがないチン・セヨンにとっては、ドラマで共演する相手が彼氏でした。

「私の娘 コンニム」ではチェ・ジニョクと共演し、キスシーンでは緊張で固まってしまい何度もNGを出していたようです。

「蒼のピアニスト」では、チュ・ジフンが相手役でしたが、12歳年上ということもあり、常にリードしてくれて、頼りにしていました。キスシーンの後、撮影した動画を見たチュ・ジフンがチン・セヨンに綺麗だったと言ったようです。大人の男性ならではの配慮ですね。

「ドクター異邦人」ではイ・ジョンソクが相手役でした。

若手人気俳優イ・ジョンソクとの濃厚なキスシーンは女性の間で嫉妬と羨望の的になりました。

放送後に共演したイ・ジョンソクとパク・ヘジンについてインタビューに答えたチン・セヨンは、どちらかを選べといわれたらいたずらっ子のイ・ジョンソクより、落ち着いているパク・ヘジンがいいと答えました。イ・ジョンソクがいいと答えたらネットが炎上してしまうかもしれませんね。

自分だけを見てくれる優しくて、落ち着いた男性が理想のようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

jinseyun_fanpageさん(@_jinseyeon_fan)がシェアした投稿 -


昨年「獄中花」で共演したコ・スなど理想に近いのではないでしょうか。

もしかしたら、2人の熱愛報道は流れるかもしれませんね。

 

チン・セヨンは昨年、演劇「クローザー」で、ストリッパー役で舞台に上がりました。

今まで演じた清純な役ではなく、いろいろな演技に挑戦したいと語ります。

今後はセクシーな大人の女優として活躍する姿も見られそうです。

© 2020 K-Channel