チェジュ航空の受託手荷物の制限は?預け荷物の個数と重量を教えます!

チェジュ航空韓国最大のLCC(低価格運賃の航空会社)である「チェジュ航空」。ここ数年、格安ツアーや弾丸ツアーなどでもよく利用され、国際線の発着本数が増えたことで、確実に利用者を増やしている人気の航空会社です。

しかし、LCCならではの荷物制限や有料サービスを知らない方はまだまだ多いはず!そこで、今回はチェジュ航空の荷物制限や重量などについてまとめてみました。

チェジュ航空では受託手荷物(預け荷物)が有料

スーツケースチェジュ航空のみならず、多くのLCCでは大きなスーツケースなどの「受託手荷物(預け入れ荷物)」は有料になります。これは、荷物の重量が飛行機の燃料費に大きく影響があるためで、荷物を積めば積むほど、燃料費が増えることになってしまうため、有料というシステムを導入しています。

では、実際に搭乗する際に飛行機の航空券代(運賃)とは別料金で、料金を支払う必要があるのかと言われれば、それは必ずしもYESではありません。なぜなら、ほとんどの場合、すでに航空券代の中に料金が含まれているためです。

但し、この「すでに航空券代に含まれている分の料金」は通常運賃(通常の価格で購入した航空券)と割引運賃(ツアーなどの団体で割引されている航空券)により、金額の違いがあるため、預け入れ出来る荷物のサイズや重量も異なります。詳しくは次でご説明していきましょう。

チェジュ航空の荷物の重量や個数の制限

飛行機とパスポートチェジュ航空の受託手荷物制限ですが「いくら大きくても、重くても預けられる」というものではありません。受託手荷物と同様に、機内へ持ち込める手荷物についても厳しくサイズや個数、重量などが制限されています。

チェジュ航空の機内持ち込み手荷物について

機内持ち込み手荷物とは、ハンドバッグや小さなキャリーケース、お土産など「機内に持ち込む物」すべてを意味します。例として、ハンドバッグとお土産の入った紙袋を持っていた場合、ハンドバッグにその紙袋を入れるなどして「1つにまとめる」必要があります。

・1人1個まで無料で持ち込み可能

・重さは10kg以内

・例外として、コートなどの衣類やベビー用品、小型デジタル機器(スマホやタブレット端末)、適量の書籍だけは、各人が保管に関してすべてのことに自分で責任を取るという条件の元、「10kgの荷物とは別に」機内へ持ち込むことが可能です。

・大きさは3辺(縦・横・高さ)の合計が115cm以内(但し、各辺の長さは縦40cm、横55cm、高さ20cmまで)